| *All archives* | 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アンコントロール」と「CVR」
昨日、日航機墜落23年目、というニュースを耳にして、2003年に、この事故を扱った2つの芝居を見たことを思い出した。THE・ガジラの「アンコントロール」と燐光群+グッドフェローズの「CVR チャーリー・ビクター・ロミオ」(再演)。

もう5年も前のことで、芝居の細かいところは失念してしまったし、手許に本もない。部屋の中を探せば、ビラやパンフは出てくると思うけれど、狭くてごちゃごちゃした部屋のどこに埋まっているやら、もし発掘しようとすれば、きっと一仕事だ…。
 
ネットが便利だと思うのは、こういうときだ。

偶然だが、自分がそのとき書いた短い感想の断片も、手許に残っている。
(というか、当時、ある演劇情報サイトの「一行レビュー」に気が向いた時だけ投稿していたので、それが参照できた。「一行」(実際は2~3行まで)しか書けないので、ひどく不完全なものだが。今読めば、言い回しも気にくわないし、意味のわからない部分もある。)



7/6- 7/27「アンコントロール」(演劇企画集団THE・ガジラ )@ザ・スズナリ
2つの斜面、幾つもの「墜落」、墓の上での再生への果てなき藻掻き。子は罪ゆえか否か。赤い風船。――鐘下は確かに上手い。しかしオウムの次になぜ日航機か。何が持続し(←これはほぼわかるが)それらに対する思索はどこまで深められ、どこに届いたのか? 大鷹の洗練された演技は今回も素晴らしかった。七瀬もなかなか。「ぽっかぽか」ばかりじゃないのね。(^^)  (「一行レビュー」より)


前年に鐘下辰男は、自身が主宰するTHE・ガジラで、オウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件を題材にした「ルート64」を上演しており、演劇初心者だった私は、それにいたく衝撃を受けたのだった。とにかく凄い芝居だった。小劇場の狭い空間の中、すぐ眼前の舞台上で、4人の実行犯に扮した俳優が、終始ひたすらに、激しくどつき合い罵倒し合う――。実行犯たちと同年齢だという鐘下は、彼らがなぜかくも甚だしい誤謬の中に突き進んだのか、同世代として今後も追究し続けていきたい、というようなことを、どこかで語っていた。(記憶で書いているので、あやふやで申し訳ないが。)

だから、次回作にはひどく期待していた。

その次回作に当たる「アンコントロール」自体は、すぐれた演劇だったと思う。しかし「ルート64」のパンフで語っていたこと――あの、オウムの実行犯の問題、同世代として追究すると語っていたテーマの深まりが見えなかったから、困惑した。ただ単に、ひとつの事件から別の事件へと、エキセントリックな題材を求めて、軽やかに乗り換えたようにも見えてしまったのだった。

その後何作かTHE・ガジラの公演は見たけれど、結局答えは得られないまま、確か市原悦子が主演だった2005年の「ヒカルヒト」を最後に、見るのを辞めてしまった。時間をおいた今、劇場に足を運んだとしたら、案外たやすく、あの答えは得られるのだろうか。



11/5-11/24「CVR チャーリー・ビクター・ロミオ」(燐光群+グッドフェローズ)@ザ・スズナリ
終演後、アンケートを書こうとして、言葉が出てこなかった。身を固くして見ていた。悲鳴、ノイズ、紅潮、玉の汗、震え。こうした極限の状況を芝居にするということ。個人的には第5シーン(※サイトには誤って「第4シーン」と投稿)の向井の顔が、瞼に焼きついた。(「一行レビュー」より)

これは凄い芝居だった。実際に墜落事故を起こした航空機のコックピット内を再現したシーンを、いくつも繋ぎ合わせていくのだから…。こんな芝居があり得るのか、とひたすらに驚愕することしかできなかった。

燐光群を主宰する坂手洋二は、パンフの中で(というか、上記サイトで)次のように語っている。

日本でも1985年の日航機事故には皆がそれぞれのイメージを持っている。だが、そうした「伝聞」「風聞」に類するものは、何の役にも立たない。コックピットにいた者たちには「知り得たこと」と「知り得なかったこと」がある。その厳しい真空のような「狭間」について、どのような後付けの「解説」が意味を持つというのだろう。他の事故も同様だが、「コックピットの時間」そのものに真摯に取り組まない限り、憶測さえ許されない作業だ。

たくさんの人が命を落とした痛ましい事故を、安易に題材として利用することは決して許されないことだろう。事故の当事者(被害者・遺族・航空会社・政府機関ほか)、取り巻くさまざまな人々(あの事故を鮮明に憶えている人々・遠い記憶の彼方に追いやってしまった人々・そもそも事故の存在を知らない人々・知っていても関心のない人々等)、芝居を作る己への、この上なく細かい目配り、この上なく厳しい洞察、この題材でなければ伝えられない唯一無二のメッセージがあってこそ初めて、それを作品化することは可能になるのだろう。

帰ってきてから確か吉岡忍の『墜落の夏』を借りて読んだ。これも凄絶な記録で、絶句することしかできなかった。

私はその少し前に燐光群のファンになって、しばらく新しい公演のたびに劇場に通っていたけれど、その後何年かして、「特に燐光群がひいきというわけではないけれど「CVR」を再演のたびに何度も繰り返し見に行っている」という女の子に会った。ある会で何年か一緒に委員(というか、要するに雑用)をしていたのだけれど、特に親しくもならず、委員の任期が明ける間際になって、彼女とそんなこんなで初めていろんな話をした。確か、墜落した日航機のボイスレコーダーの音声ファイルを聴かせてくれたのは彼女だったと思う。

でも、しばらく何通もメールを交わし合ったりした後、また付き合いは途切れた。

去年、職場でたまたま、彼女を知っている、という人から、彼女が亡くなったことを聞かされて驚いた。病気だった、という。

そんなことを昨日から考えている。

墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)
(1989/07)
吉岡 忍

Secret
(非公開コメント受付中)

む、難しすぎる~
Birdyさん、2回読んでみましたが、難しすぎるぅ。
私の、頭の出来と違いすぎるよぅ。

もう、23年も経つんですね。あの時生存されていた、中学生位の女の子、、強く生きておられるだろうか?

「クライマーズ・ハイ」見てみたいです。レンタルででも。

私などは、なんで、あの大きな物が「飛ぶんだ?」のレベルなんです。
実は、札幌(千歳)の飛行場で、仕事してたんですが、、やれやれ^^;

でも、命って、どこでどんな風に、生かされ、また
失うのか、解らない、と思うと、、
月並みですが、それなりに一生懸命と、それなりに楽しくありたいと思いますね。

今日は、仕事で(キッチンi-21)バテました。
それで、手抜き!「和幸」のヒレカツv-271にした。
太るね。
コブ姉♪
v-534姉、カキコしてくださってありがとうです。
すごくうれしかったです。(*^^*)

昔、先生が
「上手な人の文章は、すごく読みやすい。
難しい書き方になるのは、文章が下手だからだ」って言ってました。
なるほど~って、いつもすごく思います。

お芝居の話って、見てない人にもわかるように書けなくちゃいけないんですが、
まだまだ全然、修行不足でお恥ずかしいです。(^^;

あの事故から23年も経った、ってことに驚いています。
あの時の生存者の方は、看護師さんになられた、ってどこかで聞きました。

コブ姉は空港でお仕事なさってたんですね。
あの鉄のカタマリが飛ぶ、っていうのは、ほんと、フシギですよねー。
私が乗る時は、いつも激安チケットを取るせいか、
いつも座席が翼のほぼ真横なんですけれど(だから景色がすごく悪いです…)
翼にくっついている金属の板みたいなものがパタパタしてたりして、
「えーっ、これが浮く仕組み???」とか、すごく複雑なキモチになります。(^^;

私は一体いつまで生きていられるのだろう?
少なくとも、両親が生きているうちは、命を大切にして生きていなくちゃなぁ、と
思うのですが、命があることを、もっとありがたく思わなくちゃいけないですよね…。

さっき、コブ姉のカキコを見て、トンカツ・モードにギアが入り、
近くのスーパーに買い物に行ったけど、残念ながら売り切れ…。
しかたなく、10%引きの「ローストビーフたたき風」なるものを買ってきました。
これからオリンピックの野球を見ながら、発泡酒と一緒に食します。

キッチンのお仕事は、この時期お忙しそう!
でも、みんなの喜びに繋がる、すてきなお仕事ですよね。
お疲れさまです。夜はゆっくりのんびりなさってくださいね♪

P.S.
「クライマーズ・ハイ」見てません。私も見たいな~。
検索してみたら、ドラマ版と映画版があるんですね。
ドラマ版の主演が佐藤浩市、映画版が堤真一、
どっちもめっちゃオトコマエだな~。(ジュルッ)
ま~君☆
Birdyさんお返事、ありがとう!
野球見てます。大事なところでま~君v-354出たぞ!
頑張れ~v-496
コブ姉~、
キャ~、マー君登場! 大興奮ですっ。
私、録画しながら見ちゃってますっe-328
ご一緒に応援いたしませう!

昨日の夜、掲示板をつけました。
左側のメニューの「リンク」のところ
(イヌの写真の下)です。
よかったら覗いてみてください♪

【追記】
うぉ~、三振でスリーアウトチェンジだっ!\(^^)/
おさえた~!
ま~君、いいぞ!
男前だわe-266

グローブ「金」色だもんねv-426
と、思ったら、、敵も同じ色だわv-293

キューバ、ん~ん、強いね。どうなるかねv-361
マー君、無事におつとめを果たしました!
ピッチャー、藤川に代わったので、
何だかホ~~~ッとしてます。(^^ゞ
(録画もストップ。^^;)

キューバ、やっぱり野球王国、
強いですよね~。
でも2点差だし、頑張って応援しましょう~♪

【追記】
西岡、やるぅ~! さぁ、最終回の攻撃だ~。

【再・追記】
うぅっ、負けてしまった…。でもまぁ予選リーグだし、次に期待です…。
マー君、打たれなかったし!(^^)
残ね~ん!
ん~ん。2点の壁は厚かった。
それにしても、ま~君のあの顔は、、勝負師!
Birdyさん、お宝映像だねv-352

キッチン仲間に、西岡君LOVEなおばちゃんが、います。
ユニホームに、旗持って、応援に行っていますよ。
コブクロライブe-343にも、いっしょに行きました。
なんと還暦e-278なのです。楽しいね。

今日は、娘の黒糖梅酒飲んじゃったv-272
ヒレカツ残念だったね。和幸のは、肉があまくてやわらかだったよ。
安眠しますv-75 Birdyさんも、いい夢をe-266
はい♪
e-420お宝e-420でーす。
録画は永久保存版にします♪

西岡、今日はトップバッターとしてヒットも打ったし
次の試合も期待できますね~。

私も千葉ロッテの旗、持ってます。(^^)
近年あんまり応援に行ってないけど、夏は花火とかも上がって
楽しいんですよね。年齢は関係ないで~す。

黒糖梅酒、いいですね~。美味しいし、よく眠れそう。^^
私も明日はカツ・リベンジします!
お仕事に応援にお疲れさまでした~。
おやすみなさーい。よい夢を~v-280
あれから・・
こんばんは^^。

あの事故からそんなに経つんだね。
あの夏、
助かった少女の年齢が近かったせいもあって
よく覚えてる・・。
(そう、看護師になられたんだよね)
記者会見で、まばたきもあまりせず、
一点を見つめて、
消えそうな声で質問に答える彼女の姿・・
涙も声も、心も、尽き果ててているようだった。

「死ななかった」という現実。
彼女の目には壮絶な光景が焼きついて
離れない様子だったよね。


あの事故を扱ったお芝居があったんだね・・


2ヶ月くらい前かな、横山秀夫の「クライマーズ・ハイ」を読んだよ。
この事故当時、著者は地元の新聞記者だったということで
「見てきた者」が語る壮絶さは、
文字を追いながら、目を瞑りたくなるところも多くあった。

Birdyちゃんの書いてくれた『墜落の夏』。
当時の記憶、今の気持ち、「クライマーズ・ハイ」に
いつか、重ねてみようと思うよ。


それと私も・・
乗る飛行機は、翼の真横がレギュラーポジション(ははっ)
もう7~8年乗ってないな・・


※追記※
黒糖梅酒おいしそう~~
コブちゃんも、Birdyちゃんも
美味しいお酒飲みながら、話したいコトたっくさんあるよぉ。
ふみちゃ~ん♪
レスありがとう。うれしいよぉ。(^^)

「クライマーズ・ハイ」読んだんだね。
そういえば、しばらく前に「半落ち」も読んだって言ってたよね。
「半落ち」は私も何年か前に読んだんだけど、
「クライマーズ・ハイ」はまだ読んでないな…。

きっとふみちゃんが書いてくれたとおり、
見てきた人が語る言葉は特別なんだろうな…。

『墜落の夏』も読んでいて、何ていうか、体にきたよ。
目まいがしたり、気分が悪くなったり、冷や汗が出たり…。

だからふみちゃんが「目を瞑りたくなるところも多くあった」って
言っているのが、すごくうなずける。

何でそういう思いをしながら、本を読んだり芝居を見たりするのか、
「お前が今更日航機事故について、何か考えたりしたところで
何か世間の役に立つのか?」って誰かから言われても仕方ないのかもしれないけど、
同時代を生きている者にとって、関係ないことなんてない、って思ってる。

同時代の出来事、自分に連なる歴史的な出来事、
そうした物事から出来上がっている網の目の中で
生きている(生かされている)人間は、
いつだってその網の目と、必ずどこかで繋がっているわけだし、
だから、いろんな出来事に、無関係だって思ったり、無責任だったりしちゃ
いけないんじゃないかな、って思ってます。

勿論、さぼっちゃうことも多いし、
たとえ頑張ったとしても、自分にできることなんて、ちっぽけですごく拙くて
所詮、自己満足に過ぎないのかもしれないけれど…。

私もあの事故の時、お盆で部活が休みだったから、
報道番組をずっと見てた記憶があるよ。
生存者の女の子の目に映ったもの、思ったこと、
申し訳なくて、とても想像することすらできないよね…。

でも、あんな事故があったこと、風化させちゃいけないんだと思います。


いつかそのうち、そんなこともこんなことも、話そうよぉ。
黒糖梅酒等、囲みつつ~。
なにげに「黒糖梅酒」の「黒」の字に「黒系○態」の血も騒ぎます。(^^ゞ

ふみちゃんも「翼の真横」組なのね♪ なんか同じでうれしいゾ。
われわれのすぐ傍には、「君という名の翼」ってことで! どう?
(ちょっとベタかな…。汗。)

実は「君翼」のPVも大好き! 二人組が何組も出てくるところ。
コブクロもその途中に出てくるよね。
最後とかじゃなくて「途中」ってとこが、たまらん~♪ なんて良いセンスだ!
最近の記事プルダウン
いろいろ
チェックしたツイート
ミニブログ(仮) 最新5件
※ミニブログ本体は【こちら】
Instagram
ミニブログ↑は残念なことに写真がとても貼り付けにくいので、今後、写真はこちらに…
リンク
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

Birdy

Author:Birdy


イヌが好きだけど、飼えません。(泣)

  1. _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。