| *All archives* | 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07年12月 全米ジュニアのジョシュア・ファリス選手+2015ワールドのこと
私が今までに見たことのあるジョシュア選手の競技映像で
一番早い時期のものは、ノービス時代の全米(2009年1月18-25日) でした。

また、アイスショーは、それより少し早い
"Blades For The Cure"(2008年4月12日)の映像を
少し前に見つけました。(前回、記事にしました。)

…で、今夜もいつもの調子でジョシュ情報探索をしておりましたらば、
つい最近、どなたかが、それより更に早い
インターミディエイト時代の全米ジュニアのショートプログラムの映像を
アップしてくださっていました!
2007年11月26日-12月1日に開催された大会です。
このときジョシュはまだ12歳です。
ショート・フリーともに1位で、インターミディエイトの全米チャンプになりました。

シーズン別の記事の方に後ほど追記しようと思いますが、
とりあえずこの感動の勢いに任せてw 新記事にしておきます。

2008 U.S. Junior Championships
Joshua Farris
SP:"O Fortuna" from Carmina Burana(by Carl Orff)

https://youtu.be/MtiRl6jEG90
2008usjc_sp.jpg

すごい! クリーンプログラムです。
イーグルからの2Aもきれいに決めているし、
2Fはタノってます!(ジョシュのタノ、初めて見たかも。。)
スピンもきっちりレベルをとっているし、
最後のコンビネーションスピンはビールマンにI字まで!
演技終了後、本人もとてもうれしそうです☆




昨日、靴の問題により、ワールドのショートにクワドを入れることは
断念する旨の情報が発表されました。
彼自身も、つい先ほど、こんなツイートをしていました。

すごくがっかりしていますね。。。
メンタルに影響しないとよいのですが…。

確かにクワドは強力な武器だけれど、
彼にはGOEプラスを大量にゲットできるすばらしいトリプルアクセルがあるし
他のジャンプも決まりさえすればきちんと加点が付くし。
スピンも模範的で美麗。
速度も速く独特のポジションまで持っていてレベル4もとれる。
エッジも深いし、なめらかでスピードのある身のこなしは
見ている者のテンションをMAXにさせてくれる。

どうか元気な気持ちで戦えますように!


[追記]

彼自身が↑の中で、この件について語ってくれてます。
(私のヒアリング力じゃ聞き取れる部分はちょっとだけですが。。)
ふぁぼったツイート
Timelog
ミニブログが重すぎるので、しばらくこちらで。。ブログパーツは機能しない模様。
ミニブログ(仮) 最新5件
※ミニブログ本体は【こちら】
Instagram
一度に複数枚アップしたものは【こちら】からしか見られないようです。
リンク
カテゴリ
プロフィール

Birdy

Author:Birdy


イヌが好きだけど、飼えません。(泣)

  1. _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。