| *All archives* | 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
先月末からなぜか指先が痺れ、偏頭痛がある。
もうこのカラダも、ン十年使い込んでいるので、
ボチボチ、ガタが来始めても不思議はないのだが、
何かヘンな病気だったらイヤだなぁ、という不安はある。
片耳の外耳が腫れているようなので、偏頭痛の原因は
たぶんそれだろうが、痺れの原因は何だろう。

でも、よっぽどヤバイことにならない限り、病院には行かないだろう。
私には守らねばならないものもないし、先のことを考えるのは面倒だ。

そんなこんなで仕事も捗らず、冴えない気分ではあったが、前からチェックしてあった
「作家・辺見庸 しのびよる破局のなかで」(NHK ETV特集)を見る。

何年か前、脳出血と癌を患ったことは知っている。
きちんと網羅してはいないけれど、
この人の書いたものを見かけると、ほぼ100%買う。

半身にまだ麻痺が残るという辺見が、
黒のキャップとダウンジャケットで、
やや足を引きずりながら、秋葉原の雑踏を歩く。
リハビリのために、近所のショッピングビルの階段を昇り降りする。
乾いているのに乾いていない骨太の言葉が、尽きず湧きだす。
表情に満ちた強い眼光。

初めて読んだのは10数年前の、「もの食う人びと」だった。
彼は世界各地で、そこで暮らす人々が口にするのと全く同じものを
(例えばチェルノブイリでは放射能に汚染された食品をも)次々と口にしていた。

「芥川賞作家の記者が胃袋で書いた異色ルポ。
「食」を通して世界の人びとの生の根源を探り新たな世界観を提示。」

「はっきりした旅程はない。これといった決心もない。
ただ一つだけ、私は自身に課した。
噛み、しゃぶる音をたぐり、もの食う風景に分け入って、
人びとと同じものを、できるだけいっしょに食べ、かつ飲むこと。
不安である。意義もわからない。愚かかもしれない。
でも、そうしてみたい。なぜだろう。
私は、私の舌と胃袋のありようが気にくわなくなったのだ。
長年の飽食に慣れ、わがまま放題で、忘れっぽく、気力に欠け、
万事に無感動気味の、だらりぶら下がった、舌と胃袋。
怖がって縮みあがるだけかもしれない。
しかし忘れかけている味を思い出させたいのだ。」
(「もの食う人びと」より)

その頃からこの人が好きだった。この人の言葉は信じられる。
そして、64歳になったという辺見は、こう言っては不真面目だと思われるかもしれないが、
何だかものすごくすてきになっていた。むしろ以前見た、もう少し若い時の姿よりも。


番組では、
----
◎第一章 秋葉原事件を読みとく
◎第二章 しのびよるかつてない破局
◎第三章 奈落の底で人知は光るのか
◎終章 書かれていない物語を紡ぐ
----
と続くなかで、現代社会の病巣が、的確な言葉によって丹念に抉り出されていた。

資本が人間を使い捨てるなか、人間の価値観はいちじるしく損なわれ、
激しい痛みが爆発なひろがりを見せているというのに、
それはマスメディア等によって、きれいに塗り固められてしまっている。
人々は、他者の痛みを目の当たりにしても、何も感じなくなりつつあり、
絶望的な状況にも慣れてしまいつつある。(辺見はそれを「無意識のすさみ」と呼ぶ。)

そして、そんな「奈落」の中で、「人知」というものがどう光るのか、光らないのか、
それが明かされる時が、今来ている、と。


とりあえず今は、気になった言葉のうちから、幾つかを書き抜いておく。
---------------------------------------------------
まずは、辺見が紹介した、夢野久作の「れうきうた(猟奇歌)」
象徴的な発想の必要性を説きながら辺見は、
1920-30年の世界恐慌の時代を背景としたこの詩と、
去年あった秋葉原の事件を重ね、驚くべき符合を語る。

「自分より優れた者が
皆死ねばいゝにと思ひ
鏡を見てゐる」

「殺すくらゐ 何でもない
と思ひつゝ人ごみの中を
濶歩して行く」 

「白塗りのトラックが街をヒタ走る
何処までも何処までも
真赤になるまで」

(この詩は、辺見の「水の透視画法」中でも引用されているらしい。)

---------------------------------------------------
次は要約。

老人となった自分にも、秋葉原の犯人の衝動がわからないでもない。
それは、パンデミック(感染爆発 ※社会の病巣が爆発的にひろがること)の時代を
生きざるを得ない人間の、
生体反応、けいれん、発作のようなものではないか?

つまり、今の社会が、生体(人間の体)に合っていないのではないか?
だから発作が起こるのだ。

しかし、マスメディアも、その現実を伝える意欲がない。
痛みをコーティングしている被膜を剥がしたら、その下はどうなっているのか?

---------------------------------------------------

次は、駅ビルの階段でリハビリを兼ねて5階まで往復し、
若干息があがっている辺見が語る言葉。
(このとき、しばしばこぼれていた笑顔と目の生気が、とても印象的だった。)

「歩かないと退歩して歩けなくなるけれど
いくら練習してもうまくならないという状態は好きなんだよ けっこう」
「わかる?」
「いくら練習しても上手にはならないけど 練習しないと歩けなくなる状態は
――なんとなく嫌いじゃないっていうか 運命論的に おもしろいっていうか
誰の責任でもなくて おれの状態としてね 深みがあるっていうかさ 思うよ」

「こういう つまり 肩で風切って格好良く歩くってことはもうできないわけね
それがなんかね 許せるようになった」
「わかる?それ」

---------------------------------------------------
そして、画面に表示された、
辺見の著書「たんば色の覚書 私たちの日常」からの引用。

「痛みとは、たとえ同一の集団で同時的にこうむったにせよ、
絶望的なほどに「私的」であり、すぐれて個性的なものだ。
つまり、痛みは他者との共有がほとんど不可能である。」

「しかし、それでもなお、私の痛さが遠い他者の痛さに
めげずに近づこうとするとき、
おそらく想像の射程だけが 異なった痛みに架橋していく
ただひとつのよすがなのである。

私たちの日常の襞に埋もれた
たくさんの死と、姿はるけし他者の痛みを、
私の痛みをきっかけにして 想像するのをやめないのは、
徒労のようでいて 少しも徒労ではありえない。

むしろ、それが徒労というものの
他にはない優れた特性であるべきである。」

(「痛みについて――あとがきのかわりに」)
---------------------------------------------------
最後に、末尾の言葉の要約。

階段の昇り降りの練習をもう何年もやっている。しかし、進歩がない。
「チェッ」と思うけれど、しかしそれによって、「徒労」というものがわかる。
「徒労」という窓口から世界を考えるのは、あながち悪いことではない。

「成果を期待するっていうのがないのはいいね。」


――そう語り終えた彼は、駅の階段を昇りきり、
やはり少し足を引きずりながら、街の、
きわめてありふれた通りの風景の中に出ていく…。


[追記] この映像、もしくはいろいろ振り返ってみて思う
キーワードのひとつは「架橋」。
自分の中の異なる部分部分の間に、確かな橋を架けること。
人と人との間、異質なグループ同士の間に、生き生きと風が吹き抜ける
橋を架けること。(生命線。)



もの食う人びと (角川文庫)もの食う人びと (角川文庫)
(1997/06)
辺見 庸



たんば色の覚書 私たちの日常たんば色の覚書 私たちの日常
(2007/10/31)
辺見 庸


Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんは^^
Birdyちゃん~
お願いだから病院行ってみてよ(汗)

症状がはっきりしてると、気になっちゃうよ・・・

私もね、朝起きて、手がしびれてたんだ。
パジャマのズボンをあげれないぐらいに・・・

もう~びっくりしちゃって!
その前のことなんだけど、
父が吐き気がひどくて、胃カメラ吞んでも異常なくて
でもやっぱり気になって脳神経外科行ったら、脳梗塞だったんだ。

だから、私も不安になって、脳のMR撮影したのね。
結果は、ただの寝違えだったのだけどね(苦笑)

そんなこんなで、早めに診てもらって、安心した方がいいよ~
おせっかいだけど、言わせてね、ごめんね(>_<)



☆☆☆
久々のBirdyちゃんの記事^^

やっぱり凄い。
勉強になるな~
辺見さんという作家さんは知らなかったけど、
ここで知ることが出来た♪

言葉にすることで、いろんな深い意味があるんだよね・・・
私も考えたいって思った。。。


それから左のピアニカ!
おもしろい~(#^.^#)
思わず「想い出のアルバム」弾いちゃったよ♪♪
楽しませてもらってありがとv-10




Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
花奈美ちゃんv-300

辺見さんの番組が「痛み」を話題に取り上げてたから
なんとなく書いてみちゃったんだけど、
心配させちゃうよね。ごめんね…。

昨日休みだったから、家から一歩も出ずにゆっくりしてたら、
おかげさまで偏頭痛はかなり落ち着いたよー。
指は、左手の小指と薬指だけだし、まぁ大したことないと思う。
集中して何か考えるときとか、キーボード打つ時に
ちょっと気になっちゃうんだけどね…。

20代前半の時、左足の親指が同じような感じになって
それ以来、その指の先が、あんまり神経ないんだけど
今回もそんな感じかなーって思ってたりするんだ。
でも、長引くようなら、面倒とか言ってないで、ちゃんと病院行くね。

私には子どもはいないから、私が死んでも窮極的に困るっていう人はいないし、
それでもまぁ、自分の親が生きてるうちは
生きてなきゃ親不孝かな、って思う程度なんだけど、、、
花奈美ちゃんのメッセージ、すごくうれしかったよ。ありがとう。(^^)

辺見さん、私にはすごくカッコイイんだよね。^^
ちょっと体はくたびれてきちゃったけど、頭はものすごく冴えてて、
そこになんていうか、独特の深さというか、魅力というか、
そんなものがある気がするのね。
(ある意味、色気って言ってもいいのかもしれないなー。)

ものすごく厳しい目で世界全体を見据えながら、同時に、
人が心に抱える切なさや痛みをこまやかに見つめることができる目を
私もいつか、ちょっとでも持つことができたら、って思う。

それに、何ていうか、辺見さんの使う言葉って、すごいんだ。
流暢にしゃべるわけじゃないんだけど、すごく聞きやすくて。
それに、語彙もとっても豊かなんだけど、それより、
辺見さんの言葉が呼び起こすイメージがものすごく豊かで、びっくりするんだ。
百戦錬磨の、バリバリのジャーナリストでもあるんだけど、
すごく文学的で繊細で、、、(だから芥川賞もとってるんだろうけれど…。)

ピアニカ、楽しんでもらえてうれしいです。^^
「想い出のアルバム」って、「いーつのーことーだかー思い出してごーらん」って
歌で良いんだよね? 懐かしい♪
私は最初に「キラキラ星」を弾いたよ。
ピアニカのちょっとレトロな音色には、小学校の頃歌ったような歌が似合うよね。
あと、「蒼く優しく」のサビの「いーまよーりーずっとあーおーくー…」から
先の部分も弾いてみた~。えへ。^^

私の父も脳梗塞になったんだ。
さいわい軽くて、今は元気にしてるけど…。

花奈美ちゃんの手の痺れがなんでもなくて
ほんとにほんとに良かった~。^^
お大事に♪
Birdyちゃんの更新待ってました!

Birdyちゃんとお話したいなぁ~♪
前の記事にコメントしちゃおうかなぁ~。。。
でも忙しいのにプレッシャーかけちゃ悪いかな~。。。って。

どこへでも行って あんまり人見知りはしないけど
そういうところは あれこれ悩んで勇気がない私です(^^ゞ 

Birdyちゃん 指先がしびれて偏頭痛って心配。。。
花奈ちゃんと同じで 私も病院に行った方がいいと思う!
大変なことにならないうちに早期発見・早期治療をすれば
それだけ回復するのも早いし。
お願いだから 早いうちに病院に行ってね♪
やさしくて聡明なBirdyちゃんのことを心配している人はたくさんいるよ!
自分の体大切にしてねv-22

辺見さんの本は読んだことがないけど 病気になっても執筆を続ける
意欲のある方なんだね♪
「無意識のすさみ」って重い言葉だね。。。
この文章を読んで「人間が生きるとは?」って色々考えさせられたよ!
きっと自分が病気になって足も不自由だからこそ 人の痛みに敏感で
心に響く文章が書けるんだろうね。

Birdyちゃんのブログは 本当に勉強になるよ!
ありがとうv-344

横のピアニカで私も遊んでみました!
選曲はBirdyちゃんだから「カッコウ」や「七つの子(カラス)」にしてみました(笑)
音程がしっかりしてて ♯や♭もちゃんと音が出るんだね!
両手が使えないから「ネコふんじゃった」は無理だった(笑)
楽しかったよ~♪
ありがとうv-411
体大事にしてねv-353
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
難しいな・・と思いながらも、読ませていただきました。

13歳の中学生が、学ぶ事、読むものではないかもしれない。
だけど、私の大好きなBirdyさんが読んでるもの、見てるもの。
そう思って、読みました。


私の友、まぁ家族ですが(笑)悠は、外国に行きたくない、といいます。
英語検定三級のくせに。
どうして?と聴くと、いつも同じ答え。
「食べ物が、食べれないと思うから。」

国一つ一つに文化があって、食べ方も違うし、調理法も、食べるものも、違う。
日本の食事に慣れているから、私は食べれないと思うから、といいます。

しかし、この方は、世界各国のものを食べている。
すごい、というか、執念?があるというか。。

もし、私が、半身麻痺となったら。
この方のようにはなれない。秋葉原を歩いたり、できない。
というか・・しない、と思うんです。
健康な私だから、想像の範囲だけど。

リハビリを、秋葉原でする意味も、私はわからない。
世界各国のものを食べる、という意味も、私はわからない。

だけど、この方は、「私は自身に課した」と、言ってる。
そこには、嘘がなく、Birdyさんの言うように、信じれます。

本当、13歳の私なんかが・・と思うんですけど。

私は、この方、すばらしいな、と感じます。
私には想像できることじゃない。。
だけど今、世界の子供たちのことを習っているから、その子たちは何を食べてるんだろう?と思う。
そして、この方のように、ちゃんと私は食べれるだろうか?
そう考えると、この方は、本当に強い人だと思う。

自分がやっていることの意味を感じ、その事を言葉にしている。

私は、世界の子供たちのことを知って、自分が何をできるのか、すごく悩んだ。
だけど、ただの「自己満足」。
この方は・・・うん、ただ、すごいと感じる。。

いろんな風景を見ると、世界観や、自分のココロが変わったりするのだろうか。
ただ生きるより、たくさんのものを見てるから、こんな言葉が書けるのか。

13歳の私には、「すごい」という言葉でしか、今の気持ちを表せれません。

でも、やっぱり文が上手ですね。
賞を取っている、ってすごいよ、やっぱり。
もっともっと、いい文や本、言葉に出逢いたい。

そこから、自分のココロを表現する言葉が生まれると思う。




♪ピアニカ♪っていうんですね?笑
私たちは、ケンハって言ってました。鍵盤ハーモニカ、ケンハ。笑

私も、やっぱり思い出のアルバムを弾いちゃったな~。
ピアノとかがあると、最初に弾いちゃう曲なんです。^^
花奈美さんも一緒みたいで嬉しい~♪

あと、ちょっと難しい「乙女の祈り」という曲を弾きました。
あと「蕾」やらなんやら。
楽しい~♪


あと、体、大丈夫ですか?
私も、頭痛もち。母もそうだったみたい。
でも、やっぱつらい事とかあると、授業中頭やおなかが痛くなって、
涙がでそうになったりするんですよね。。

気をつけてくださいね。^^
元気モリモリで、DVD見てください!!^^
本当、小渕さん見てると、健康っていいなぁーって思います。
インフルエンザのとき、もうー、そりゃー、小渕さんのステップを見ると、
自分の体恨めしく・・

Re: とりあえず^^:
Birdyさん、お久しぶりです。
お体、大切にしてくださいよe-266

とり急ぎ、お知らせしたいな~と、思って、、
某Tubeで、めんこい黒ちゃん、アップされています。

コブクロ「Pikes」第3回では、ガラパゴス号で、コーヒーv-273
入れていますよv-218

v-22PS:また、来ました。
体調が、いまいちの時は、、とにかく体を休めて、リラックス^^v
体と、こころにいい事してくださいね。

それでも、しゃんとしない時は、お医者さんの技を借りてくださいよ~
その為に、医学があるんだ~e-266

Birdyさんの、回りには、Birdyさんの事、心配してる仲間が、
ひとり、ふたり、さんにん、よにん、ごにん、ろくにん…
いっぱいだよv-222

このスレ、1回読んだんだけど、ちと難しかった。。
いっしょに食事をするってさ、仲良くなる、繋がる、たいせつな事だったりするねv-375v-373
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
こんばんはe-322
e-161からだと、記事が読めなくて・・・
やっとPCから見たら、びっくりv-405
Birdyさん、大丈夫ですか~~??v-393

Birdyさんが、たとえ・・たとえ面倒だったとしても・・・・・・(←ダメだけど)

イヤです!!私も、皆も、Birdyさんが大好きなんです。
もう、十~分 大切な、姉さんなんです。
もっともっとお話したいんですv-299
それを~~~~~~~!
覚えといて下さいね~v-22v-290

いつ何が起こるか、分からないのが、生身の人間なのです。
安静にして、検査して(もうしたかな?)、安心してきて下さいねv-410

i-194そ~れでも 記事のレベルは~ 衰え~ない~(♪「Bell」 かなり字余りバージョン)

とりあえず、ここまでv-5
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
ご心配をおかけしちゃってごめんなさい。
昨日と今日、かなり眠ったら、
おかげさまでだいぶよくなりました。
週末おとなしくしてたら、来週には復活しそうです。

ひとみちゃん

いつも優しいお心遣いありがとう。(^^)
近所のお医者さんに診てもらうのは全然抵抗なく
風邪ひいたりするとしょっちゅう行ってたりするんだけど
検診とかって、なんか怖いんだよねー。
子どもと同じ?(^^;)

「無意識のすさみ」って、こうして私が何かこういうこと
考えたりしてること自体、そうなのかもしれないな。。。

辺見さんが番組の中でおっしゃってたんだけれど、
例えば、山谷で炊き出しを日曜のたびにやっている人は、
集まる人たちに対して、とってつけたような優しい言葉なんて言わない。
ぞんざいで冷たいくらいの対応なんだけれど、
でも、10数年続くような持続的な心を持ち得ているし、
そのことで誰かに顕彰されたいとも思っていない。
そこがすごいって。
地味に、妻子にもこのことを言わずに、
毎週、生活の一部を割く人には
たとえば100万円出しても敵わないって。

「カッコウ」は私も弾けるけど、「七つの子」は結構難しいね。(^^;;

このピアニカ、キーボード使えば和音も鳴らせるよ。
でも、キーの位置が憶えられないから全然弾けない…。(^^;;;


麻友ちゃん

頑張って読んでくれたんだね。ありがとう。(^^)
確かにちょっと難しい内容だったと思うけど
賢い麻友ちゃんには、よく伝わっていると思います。
記事を書きながら、時々麻友ちゃんのこと思い浮かべたりすることがあるよ。

広い世界のことを本気で知ろうとしたら、
たぶん、机の上でする勉強だけじゃ足りなくなっちゃうと思うんだ。
そこで暮らす生身の人と、じかに接して、同じことを経験して
初めてお互いが分かり合えるよね。
(それは、言葉が通じる日本人同士でも同じことだよね。)

12/28の記事に書いた、映画監督の土本典昭さんも
地元の漁師さんがふるまってくれた、魚づくしのご馳走を、
全然躊躇せず、普通に口にしてた。
当時はもしかしたら、まだ魚に水銀汚染が残っていたかもしれないのに。。。


辺見さんは今もたくさんの文章をいろんなところに発表したり
講演活動をなさったりしていて、秋葉原の事件もとても重視しているから、
秋葉原に実際に足を運ばずにはいられないんだろうね。
街の風景を目にし、音を聞き、風を感じてから書く、
そういう人の言葉は説得力がある、って私は思うな。

リハビリは秋葉原じゃなくて、ご自宅の近くの駅ビルでなさってるみたいだよ。
書き方がわかりにくくってごめんね。

麻友ちゃんはこれからの人だから、焦らずゆっくりと
いろんなことをじかに見て、じっくり確実に考えていけばいいと思う。
辺見さんは、こんなような内容のこと↓もおっしゃっていたよ。
「即時的にどんどんメッセージが発信される世界はヤバイ。
物事を反復し思索する人間的行為には、悠長な時間がかかる。
なのに、今の社会では、迂遠な時間と空間を、お金に置き換えてしまう。
だから自分は、無駄とも思えるくらいの長い時間が欲しい」って。

「ケンハ」っていうんだ?!
なるほど、「ピアニカ」っていうのはどこかの会社の商標であって
「鍵盤ハーモニカ」っていうのが正式名称だもんね。
ピアノが得意な麻友ちゃんは、このピアニカで「乙女の祈り」や「蕾」が
弾けちゃうんだね~。すごいね~。(^^)

コブ姉

優しいお心遣いにビッグなお知らせ、ありがとうございます。(^^)
黒ちゃん、めっちゃめんこいです。
牛にびびるところとか、めっちゃツボでした。
富士の名水を汲むシーンでの「汲むしかないだろ」のテロップも
さりげなくイイですね。

「サイフォンとガーファンクル」。。。^^
そして、その名水で淹れたアメリカンコーヒー(?)に、
可愛い牛のミルク入れから絞りたての牛乳を注ぐ瞬間の、
コビィのありえない発言。。。(^^;
黒ちゃん同様、笑いころげてしまいました。

すごく寒そうな映像だったけれど、見ている側は
とても楽しくて、気分がほっこりしました。
すてきなプレゼントありがとうございました。^^


一緒にものを食べることって、すごく意味がありますよね。
おっしゃるとおり、ゴハンやお酒を一緒に食べたり飲んだりすると
一気に仲良くなれますよね。

食べることは生存の基本。だから、同じものを食べるってことは
生きる基盤を同じくするってことでもありますね。
相手と同じ地平に立った時に、そこから始まっていくものが
たくさんある気がします。

ローズちゃん

心配かけちゃってごめんね。。。
もうテスト勉強の疲れはとれて、ご実家生活を楽しんでるかな?(^^)

今回の記事は、ほとんど番組の内容の覚え書きだから、
もし内容が良いとしたら、それは、私のオリジナルの考えがほとんど入ってないからだよ。

ただ、すごく気になったから、何度も録画したのを見て
ノートとったりしたよ。何だか学生さんみたいだけど、、、(^^;

でも、ノートをとる瞬間に、言葉の意味がすごくリアルになってきたり、
「あれっ? これってどういう意味だろう? もっと知りたい!」って思ったり…。
ただ視聴してるだけだと、もしかしたら見逃したり聞き逃したりしちゃうかも
しれない大事なことに出会えると思うから、今でも時々、こんなことやってます。(^^;;

確かに、生身の人間には、いつ何が起こるかわからないよね。
ただ、いつの日か、大きな病気をしたとしても、
辺見さんのようなかたの存在は、励みというか、
目標(なかなか届きそうにはないけど)になると思うな。

辺見さんの本名を今まで知らなかったんだけど、今回検索していて
「辺見秀逸さん」というお名前だと知りました。
そして「秀逸(他にぬきんでて、ひいですぐれること。また、そのもの。)」という
名を使わず、「庸(「中庸」「凡庸」の「庸」)」という名で書いていらっしゃると
いうこと自体にも、すごく感じるものがありました。

メッセージありがとうね。すごくうれしかったです。
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
かなり遅ればせながら・・・

今日実家で夕刊を読んでいたらこの辺見さんの文章を発見し、
あっ!これはBirdyちゃんがブログで書いていた人だ~と思って興味深く読んだよ。

辺見さんが階段の昇り降りをしていることを、「リハビリ」ではなく「自主トレ」と
位置づけたいというような言葉があってね。確かに「リハビリ」には、本人の
意志だけでなく、別のものに動かされてやらざるを得ない雰囲気が漂うけど
(これは私が思うだけかもしれない)辺見さんがしているのは、まさに「自主トレ」
という言葉がピッタリだなって思ったよ。

私、昔は本好きだったのに、最近は全く読んでいないんだよね。読み始めると
最後まで一気に読みたいタイプなので、睡眠時間が多すぎる私にはなかなかi-230
ただ、活字好きというのは変わらないので、新聞読むのが大好きなのよ~
学校から帰ると「夕刊は?」って親に聞いてたのを思い出すよ。今でも実家に
寄ると「夕刊ある?」って聞いちゃうんだ。


そうそう、「ひとりぽっちのダービー」も聴いたよe-343
「ひとりぼっち」ではなく、「ひとりぽっち」っていう言葉もこの馬には合ってて、
メロディーも切ないね。さだまさしさんの歌は情景が浮かんでくるようだなあ。

体調はどうかな?私もなかなか病院へは行かないタイプなので、Birdyちゃんの事は
いえないな~って思いながらみんなの優しさに感動していたよe-266
ゆっくり休める時は休んで、おいしいもの食べて体力つけてね♪

Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
わぁ、kanaちゃん、コメントありがとう♪

そっか、夕刊に載ってるんだね~。
うちは実家も、今は夕刊辞めちゃってるし…、
ごくたまに、何か大きな事件があったときとか
通勤帰りに駅で買って、電車の中で読むことがあるけど
今や夕刊って、ちょっと稀少価値アリかもしれないね。

kanaちゃんのご実家での夕刊エピソード、なんかすごくイイね。(^^)
学生のkanaちゃんから、今のkanaちゃんまで、
ご家族の重ねてきた時間の、本物の重みとぬくもりみたいなものを
読んでて感じたよ。
すてきなお話のお裾分けありがとう。^^

この間からちょくちょく辺見さんの本を引っ張り出して読んでるんだ。

「リハビリ」ではなく「自主トレ」。なるほどね…。
kanaちゃんとおなじく私も、「自主トレ」って聞くと、
受け身じゃない、誰かにやらされてるわけじゃない、
本人の主体的な意志をすごく感じるなー。
それに、「リハビリ」っていうとどうしても、
「以前の状態に戻す」ことを目指す感じがするけど、
「自主トレ」っていうと、それだけじゃなく、
今の不自由な状況を積極的に受け入れて、
その〈今〉を充実させて生きることを、自分に課してる感じがするな。

私もその記事読んでみたいな。今度図書館の新聞コーナーで探してみようかな。
教えてくれてありがとう。すごく感謝です。(^^)

「ダービー」も聴いてくれたんだねー!!
やーん。うれしいな~。ありがとう♪
そうそう、ひとり「ぼ」っち、じゃなくて、ひとり「ぽ」っち、なんだよね。
メロディーも、ドラマチックじゃなく、淡々としててそこが
なんていうか、もうたまんない。

体調のことも、お気遣いありがとうね。
最近、めちゃ不規則な生活をしてて、一昨日は仮眠後ほぼ徹夜、
昨日は帰宅後ちょっと仮眠、のはずが、朝まで爆睡(^^;
って調子なので、それがいけないんだろうなー。
体内時計、めちゃくちゃでしゅ。(^^;;

関東は寒かったりあったかかったりで、なんか全然ついていけない感じなんだけど
kanaちゃんのところはどうかなー。風邪ひいたりしないでね。

メッセージ、すごくうれしかったです。
ありがとう。(^^)


P.S.
記事に書いた、この間の辺見さんの番組は、3月あたまに
再放送があるみたいです。
NHKのETV特集って、毎週放送はあるけれど、再放送になるのは一部だけだから
きっと反響が大きかったんだろうなー。
Birdyちゃん
むずかしい・・・・・(笑)
きっと私の事をすべてわかってくれてるBirdyちゃんだから
私が何もコメントできないのはご存知ですよね?(笑)

Birdyちゃんの文章力、Birdyちゃんが影響を受けてる人の言葉は
ごめんなさい13歳の麻友ちゃんと同じく^^;
4●歳の私も「すごい」としか言えない

でも、自分に何かを課せるって強いよね
私は人に厳しく自分に甘くだからなぁ~
何か記事を読んで私もダラダラした気持を引き締める
きっかけが出来たかもv-426

「思い出のアルバム」私の中の泣き歌ベスト5に入る歌~
い~つ~の~こ~と~だ~か~・・・・もうここで涙v-406

Birdyちゃんも病院嫌い?
私もダメ><
だから偉そうに言えないけど・・
心配だから行って~
Birdyちゃんに何かあったら私は家までどんなことしてでも
行っちゃうからねv-355

みんなを安心させてくれるためにも行ってね
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
るいちゃん、コメントありがとう~。(^^)
すっかりご無沙汰しちゃっててごめんね。
でも、るいちゃんの記事は欠かさず読んでるよ♪
コメントはロムが追いつかないことも多いけど…。(^^;

るいちゃんは「何もコメントできない」とか
いつも謙虚なことを言うけど、
るいちゃんが「橋を架ける人」だってこと、
すごいな、って、いつもしみじみ思うんだよ。

橋は簡単になんか架けられない。
ってか、簡単に架かっちゃってる橋なんて、
ほんとは全然架かってないんだと思うんだ。
いわゆる良識やら常識やら、そんなものに根ざしてるようで
そういうものをぶっ壊してもいるような、
そんな二重の橋がカッコイイ。

ネットでもリアルでも、
るいちゃんのところに人がたくさん集まってくる理由が
よくわかるよー。

自分に何かを課す、って、ほんと難しいね。
私も外から強いられないときって、余裕があればすぐに
ダラダラしちゃうよ。(^^;;

> い~つ~の~こ~と~だ~か~・・・・もうここで涙v-406

ちょっと早いよー。歌い出しで泣いちゃったら
全然歌えないじゃーん。(^^)

病院はニガテ~。
健康診断も怖いからほとんど受けない~。
でも、倒れたらるいちゃんが千葉まで会いに来てくれるんだね。わーい。
それだけはいいかもね。v-410

心配かけてごめんね。でも、ほんとにありがとね。
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
Birdyちゃん病院行ってくれ~。

もう…なかなか直らないお年頃になったんだからさぁ…。
私も年末に14年ぶりに風邪引いて3週間以上直らなかった…。
心は十代でも…身体はねぇ…………。

さてさて、もの喰う人びと…私も持ってるよ。
もう十数年前に読んだから記憶も薄れてるけど、強烈に印象に残ってるのはインドではホテルでの食事の残飯を別の所で売り、それでも売れなかった残飯をまた別の所で売ってるっていう所。

辺見庸さんとっても人間らしくって好きだな…。


そうそう最近とってもおもしろい本を読んだよ^^
「心霊探偵八雲」おもしろかった~☆
久々に9冊まとめて大人買いしちゃったよ(笑)
読みやすい本だから、麻友ちゃんなんかにピッタリだよん。
あと宮部みゆきさんの「あやし」これは、すばらしいの一言だよ。
もし機会があれば読んでみてね~^^
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
こんばんは~♪
なんだか、Birdyさんのコメが、こころに残ってて…
また、読みに来てみたよ。

みぃちゃん、発見^^v
みぃちゃんも、辺見さんの本、読んでたんだ。
みんな、すごいな~。

「リハビリ」じゃなくて、「自主トレ」(kanaちゃんより)
同じ事していても、どんな“こころ”で…で、ずいぶん違うんだよね。

i-260るいちゃんが「橋を架ける人」だってこと…
このコメ、しみじみこころに残ったな~

i-260橋は簡単になんか架けられない。
ってか、簡単に架かっちゃってる橋なんて、
ほんとは全然架かってないんだと思うんだ。

そうだね。なんか、、TVの「深いイイ~」話みたいだよ。

寒さが、居座ってるね。
WBC,もうすぐ始まるね。「まーくん」当番あるかな~




Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
わ~、コメントありがとうです。
レスが遅くなってごめんなさい。

今週は半ばから、南房総に行ってました。
せっかくの南房なのに、あんまりあったかくなかったのが
ちょっとだけ残念でしたが、
近場だからノソッと出かけ、
ゆるーいスケジュールでダラダラッと過ごしてきたので、
たいそう元気になった気がします。

みぃちゃん♪

ありがとう~。心配かけちゃってごめんね。
それにしても、「14年ぶりに風邪」って、びっくり!v-405
さすがみぃちゃん、鍛えてるからだよねぇ。かっこえぇ~。。。v-410
私なんか、ひと冬に何回も風邪ひく…。軟弱…。

わぉ! 「もの食う人々」、みぃちゃんも読んでたね!
そうそう、辺見さん、すごく人間くさくてかっこいいんだよね~。

最近、辺見さんと吉本隆明さんの対談本の「夜と女と毛沢東」を
お風呂で読み直したりしてたんだけど、
(で、湯冷めしそうになったりした… ^^;)
対談の中身だけじゃなく、
吉本さんの、なんか素朴でおっとりした風情と、
辺見さんの、ワイルドで骨太なとこが、
イイ感じにマッチしてて、
「ムフフ、たまらん~(^m^)」って感じだったよ。

「心霊探偵八雲」って知らなかったからググってみたんだけど、
小説がドラマや舞台や漫画にもなってるんだね~。すご~い。
「あやし」は読もうと思いつつ、未読です。
さすが、みぃちゃんは読書家だ~。
今度読んでみるね。(^^)


コブ姉♪

わぁ、また来て下さってありがとうです。(^^)

私の記事がイマイチだから(^^;
辺見さんのかっこよさが、あんましうまく
伝えられないんですけど(^^;;
みぃちゃんが書いてくれてるみたいに、
すごく人間らしくてステキなんですよ~。v-398

強い発言もなさっているから、一見、強面風だけれど、
すごく物が見えてて、こまやかであったかいのです。
なにか機会がありましたら是非是非。(*^^*)

WBCの強化試合、あんまりチェックしてないんですが、
マー君、この間、中継ぎか何かでちょっと投げました?
活躍してくれるとうれしいですね♪e-68

監督の選び方にちょっと冷めてしまったり、
最終選考に残った、巨人の、ある選手が
「落ち武者にならなくて良かったです」とか言ってて、
それにカチンときたりしてたんですが、、、

でも、なんのかんの言っても、野球大好きだから
きっと本戦は思いっきり見ちゃうんだろうな~。(^^;
またコブ姉と、野球やマー君の話ができるのを楽しみにしてます。^^
これだ!
えっ!
鶏ちゃん
南に暴走しに行ったん?

やっとコメントを残せる言葉が見つかった
永かった…
コメントのタイミングが難しい
今や!
アカン戻れ!
今や!
アカン!
の繰り返しでした(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

旅行でリフレッシュできたようでなにより





ところでお土産は?
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
けんさん♪

いつもいろいろありがとうね。^^
「今や!」「アカン戻れ!」に、爆笑。
なんか、むちゃくちゃ危険区域みたいじゃーん 。(^^;

暴走(房総)ツアーは、終始めっちゃノロノロだったさ~。
実は去年も、同じ時期に同じエリアに行ったから、
2度目の今年は、アグレッシブに観光スポットを攻略する意欲もなく、
初めての所をひとつふたつ眺めたら、あとは超テキトー。
しかも移動中、寝てばっかだったよ。(^^;;

おかげさまで、ほんとリフレッシュ。
美味しいものも食べたし、すごく眠ったし。
宿ではなんと、夜9時には眠りに落ちてました。まじ寝過ぎ。(^^;;;

お土産は、これ↓でどうかな?
http://blog-imgs-24.fc2.com/a/s/s/assam09/taisen.jpg
ガムテープは買い置きがあるし、マジックもあるから、
さて、何て書いて貼る?(爆)
何て書いて貼る?
ルセット 最高級!
(爆)
Re: 「しのびよる破局のなかで」(※とりあえずメモ。)
ルセットで「鯛せんべい」は、
ちょいと無理じゃない?(^^;

ちなみに、
写真の鯛せんべい(桜葉風味)12枚入り⇒¥365
http://kameyahonten.shop-pro.jp/?pid=10377813
ルセットのベーグル4ヶ入り⇒¥2,200
http://www.recette.co.jp/product/tokyo.html

ベーグル4ヶで¥2,200って。。。高すぎ。。。

…って、「集団」に入れてもらったら
せんべいもベーグルも控えた方がいいねぇ。(^^;;;
最近の記事プルダウン
いろいろ
チェックしたツイート
ミニブログ(仮) 最新5件
※ミニブログ本体は【こちら】
Instagram
ミニブログ↑は残念なことに写真がとても貼り付けにくいので、今後、写真はこちらに…
リンク
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

Birdy

Author:Birdy


イヌが好きだけど、飼えません。(泣)

  1. _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。