| *All archives* | 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新横浜にて
「横浜アリーナの入り口は、こんな感じだよ」(by グラサンCOBE)
yoko01.jpg

(※ここから先、ツアトラの写真2枚と、トークのネタバレ等が少々あります。
 セットリストや、当日歌ってくれたことに対する感想は書いていませんが、
 これからツアーに参加される方は、一応、ご注意下さいますよう。)
  
  
10/18(水) KOBUKURO LIVE TOUR '09 “CALLING” 横浜公演2日目。

既にいろんなところに、詳細なレポをアップして下さってる方が、ちらほら。
自分には、まるで無理だ…。
何だか夢の中で起こったことのようで、フワッフワしてます。

最初の2曲は、それでもけっこう平静でいられたと思います。
でも、それが終わってふたりのご挨拶に入り、
「まだここは黒田くんがはしゃぐコーナーじゃないからね~」と
コビィにたしなめられるくらい、
いきなりハイテンションで突っ走り始めた黒ちゃんに引きこまれて、
アタマのネジが一瞬にして吹っ飛びました。
(実際、花道を走ったし。「あぁ、走らないはずの黒ちゃんが走ってるっっっ!!!」
って思いました。)

これを「オーラ」っていうんでしょうか? ものすごい吸引力。
ダイソンなんて、目じゃないです。

のっけから理性が吹っ飛んだ、壊れたアタマで、
いわゆる緻密な「ライブレポ」を書くことは、能力的に無理なので(^^;
ちょっと別のことを書きます。

---------------------------------------------------
「建物の横にまわると、いろんな絵の描かれたツアトラが何台もとまってるよ」
(※1種類だけ掲載)
yoko02.jpg

---------------------------------------------------

開場の1時間半前に、ひとみちゃんと待ち合わせ。
一緒にツアトラを見に行って、その後、お茶。
すごく楽しかったです。ひとみちゃん、本当にありがとうございました。
ひとみちゃんは、ボケボケしてる私を引っ張ってくれる
しっかり者の優しいお姉ちゃんみたいです。

そんなひとみちゃんと、ワクワクしながら入場。
横浜限定、DENONさんのご協力の、
ハイエンドオーディオでアナログ盤“CALLING”を試聴するコーナーにも
行ってみました。
担当者の方が手に持っているのが、アナログ盤“CALLING”のジャケットです。

yoko04.jpg
  これだけのセットを揃えたら、一体、いくらするんだろうな~。(^^;

---------------------------------------------------

ライブが始まってすぐ、恒例の「どこから来たの?」の問いかけ。
12,000人の聴衆に向かってどんどん絡んでいく二人を見て、
しみじみ思ったこと、それは、
「彼らは、“人”が好きなんだなぁ…」ということでした。

いわゆる崇高な、もしくは安っぽい、人類愛、人間愛みたいなお題目とは違う。
かといって、ベタベタした馴れ合いとも違う、
ある、すごく好ましいレベルでの、しっかりとした愛情のようなもの。
「自分たちは客として、確かに二人から愛されてるんだな」っていう思いを
きっとたくさんの人が抱いたんじゃないかな、って想像できます。

今まで自分がライブに行こうとしなかったのは、
前売りをとるのが面倒、とか、そういうことも勿論ありました。
でも、たぶん一番大きな理由は、
「アリーナクラスの大きい会場ではイヤだ」という気持ちがあったからです。
自分の「好き」な気持ちは、自分にとって唯一で特別なものだけれど、
それが埋もれてしまいそうだったから。

誰かが書いていました。
電車の中でケータイ通話する人やお化粧をする人を見て、イヤな気分になるのは
自分の存在がないがしろにされているように感じるからだ、と。
それと似たようなことを、自分もライブについて思っていました。
自分がいてもいなくても全然構わないし、誰も困らない、
存在していることすら誰からも認識されない、
そんな場所に自分の特別な思いを置くことは、ちょっとツライ。

そう思っていたのは、しばらく、
小劇場演劇のファンだったせいもあるかもしれません。
光る汗が間近に見え、息づかいまで聞こえてくる、そんな距離にあって初めて、
演者と自分が真正面から向き合える気がしていました。

でも、最近のことですが、
思いが埋もれるか埋もれないかは、周りに人が多いか否か、とか、
物理的な距離が遠いか近いかで、決まるわけじゃなく、
結局は、自分の心の問題なんだ、と思うようになりました。
たぶん私は、あまり人を愛せなかったし、
自分の気持ちを吟味することもしたことがなかったから、
狭い場所に捕らわれていたんだと思います。

ここに遊びにきて下さる方をはじめとして、
去年から、こんな偏屈な私でも友だちにしてくれる方たちと出会って、
ちょっと考え方が変わった気がします。
ここは、リアルの知り合いには全く教えていません。
前から、ネットでの人間関係にも懐疑的でした。
でも、ネットもそんなに悪いことばかりじゃない。そう思うようになりました。

人と人が繋がれる、「あるレベル」が存在するんだと思います。
そこをしっかりと意識していれば、人は共生できる。
その「レベル」をもっと明確に探り当てられたら。

どうしたら人と人は連帯し、共生できるのか、ということを
ふだんからよく考えています。
ライブ中も、ふたりのパフォーマンスに見入り、聴き入りながら、
ずっとそんなことを、とりとめなく考えつづけていました。
(それじゃ、まともなレポなんかできるわけがないなー。^^; )

二人の言葉が、声が、仕草が、濃厚に発するもの。
それを大人数に伝えるための、さまざまな演出の工夫、
陰の努力のようなもの。

ここ花」の歌詞の、「時代の傷跡も」というワンフレーズに
たまらなく惹かれます。
勿論、ここに至るまでの歌詞の完成度も、非常に高いと思います。
でも、個々人の心の内部の切ない思いを、ナイーブに捉え綴った詩の世界が、
この一言で、まるで幕が切って落とされたかのように、
同時代の時空に向けて開かれていく感触、
世の主流からは忘れ去られがちな、痛む傷を抱えて生きる人々に向けて、
無数の橋が架けられていくイメージ、
そんなものが、どうにも気持ちから去らなくなって、
あの年、彼らのことが好きになりました。
傷を抱いているからこそ、人と人は繋がれる。

今、辺見庸さんの言葉を思い出します。

-----------
〈私固有の痛みとはるかな他者のそれには、やはりなにかの縁があり、
ときには果てしない距離を置いてたがいに鈍く重く疼きあうこともありえようと
私は思っている。
二つの異なった痛みをつなぐのは、私的痛覚を出発点にした
他者の痛みへの想像力にほかならない。〉

〈むろん、おおかたそれは容易に届きはしない。
翻って、他者の想像力も私の痛みの核にたやすく達しはすまい。
痛みはだから、いつも孤独の底で声を抑えて泣くのだ。〉

〈しかし、それでもなお、私の痛さが遠い他者の痛さに
めげずに近づこうとするとき、
おそらく想像の射程だけが 異なった痛みに架橋していく
ただひとつのよすがなのである。〉

〈私たちの日常の襞に埋もれた
たくさんの死と、姿はるけし他者の痛みを、
私の痛みをきっかけにして 想像するのをやめないのは、
徒労のようでいて 少しも徒労ではありえない。
むしろ、それが徒労というものの
他にはない優れた特性であるべきである。〉

※辺見庸『たんば色の覚書』(毎日新聞社、2007.10)より
-----------


それ以外はやっぱり、生の黒ちゃんがすごく近くで歌ってくれていることで、
もうすっかりハイになってしまっており、今ひとつ、記憶が…。(^^;
というか、ほとんど憶えてはいるのですが、言葉が追いつかなくて、
今すぐには書ける気がしません。(そのうち、書きたくなるかもしれませんが。)
まさしく、「昇天」しました。
二人とも、びっくりするくらい、かっこよくてステキで、
ホント、素晴らしかったです。(^^)

すごくしあわせな3時間半であったこと、それだけは間違いありません。


---------------------------------------------------

「ツアトラにはお楽しみがいっぱいだったよ」(※ワンショットだけ掲載)
yoko03.jpg

---------------------------------------------------
Secret
(非公開コメント受付中)

おかえり~♪
Birdyちゃん~(^0^)
おかえり♪
そして,コブクロの初ライブおめでとうv-22

Birdyちゃんが楽しめたことが,私の気持ちもルンルンにしてくれたよ。

ひとみちゃんとのお茶タイムに私も飛んで行きたかったなぁ。
ライブを前にしての程よい緊張のひととき☆
楽しかっただろうな^^



Birdyちゃんの心の変化・・・っていうのかな,
綴った文章から,とてもよく伝わってきました。


私はコブクロライブは,広島グリーンアリーナだったし,
過去の厚生年金会館ライブをぜひとも体験してみたかった。

娘のコンクールで何度もお世話になった・・というか,足を運んだ場所。
ここで,コブクロが・・・・歌ってたの!?
っていう,何とも羨ましい憧れの想いがあるよ。

でも,もちろん,アリーナでも最高のひとときだった記憶があるから。
(もう,去年のことだけどね)


自分の気持ちの持ち方で,そうなんだね,
そうだよね,
そう!
何事も前向きに考えられるのかもね^^

そして,どう~しても行き詰まったら・・
こうやって知り合えたみんなに聞いてもらえる。

いろんな世代の,コブクロ大好きという共通点で集まった人たちが聞いてくれる^^


と,いうことで,Birdyちゃん。
これからもよろしくです(笑)



私も 私のブログ・・・リアルでは誰も知りません^^

ブログやってるっていうのは,知ってるけど 見せてないなぁ。。
Re: 新横浜にて。
いきなりハイテンションで突っ走り始めた黒ちゃんに…

アタマのねじが…い、一瞬にして…    笑、   うん

無事ご帰還、おめでとうございます^^

人が好きなんだな~って、解るな~
黒ちゃん、DVDの副音声だったっと、思うけど…

電車通学の朝、スーパーの手押しカートかなんか、持ち込んで、
朝の通勤通学のみんなを…
楽しい気分にせないかん!  と、やっていた(笑)とか、言ってたな~

どんだけ、世の中楽しくしてくれるの?  この、あほな「ありがたさ」好きだわ。

Birdyちゃん、黒ちゃんのオーラに、たちまち吸い込まれるの巻!!
私も、初ライブの時、あまりのかっこ良さに「歌舞伎俳優か~」と、思ったもん。

グラサンコービー君、ナンバープレートのとこにも居るね。
かわいいな~!
ねぇ、黒ちゃん、一人でサインしてきたって、この「絵」書いたって事だよね。
ようやるわ!  ^^
Re: 新横浜にて。

初ライブお疲れ様でした。


勝手に、分かるなぁなんて共感してました
私は、…正直今でも、あんまりおっきな所でやってほしくないなって想っちゃう。
何でだろ?
舞台とかも、出来るだけ前で見たいって想うし…。
両親も、何万もいる中で見ても、っていう考えなんですよね、うん。

スピッツさんね、今「初アリーナ」なんですよ。
この前テレビで「初アリーナのライブを収録したDVD」とか宣伝されてて
「えっ?初なのっ?」って。
スピッツって、一年ずっとライブやってるみたいなんですよね、60なん公演とか言ってたもん。
(ちゃんと調べてるわけじゃないので、間違ってたらごめんなさい)

だから、私はいつの間にか
「もうコブクロは売れてしまったから、大きなところでやるのはしょうがない」って想ってたけど
スピッツはもう国民的に売れてるのに、今が初なんだぁって思うと複雑な気持ちになったり。


でも、なんか私だけじゃなかったんだって安心しました、ありがとう


でも、私も分かってるんです
アリーナクラスが悪いわけじゃないとか、
アリーナクラスでも、こう…自分の好きだっていう想いは伝わるって

なのに何ででしょうね~(笑)
行かないとダメかな。

ごめんなさい、記事を読んだのに、
やっぱり私は、アリーナクラスってなんか、やっぱり…って思っちゃう。
行ったら分かるのかな?



私は、常識として人と人は、通じ合うのは難しいって想ってます
なのに、コブクロのライブだと、たっくさんの人たちが一緒に笑って、手を叩いて…。
そういう光景を見ると、私本当に泣けてくるんです

それはきっと、Birdyさんの言う
どうしたら人と人は連帯し、共生できるのか、ということを
ふだんからよく考えてる

ってことなのかな。

来てる人皆、一人ひとり色んなドラマがあるのに、
この時間は忘れよう、この時間は笑っていよう、
この時間はお二人の曲に浸ろう…。どう想ってるのかは分からないけど、
皆同じ、「二人」を見てる。
それってすごいと思うんです
だから、お二人もそのことを分かってると思うから、ミュージシャンってすごいなって。

あのね、オフィシャルブックに出てたんですけど、(HPでも読んだんですけどね)
コブクロ日記の一節で
小渕さんが

『 1000人の前でうたったなら、そこには、1000通りの命があり、心があり、生活があり、時間  があり、気持ちがあり。
  ある意味、それぞれのドラマ。1000通りの。
  そこに何かが響いたとき、感動、共感がうまれるんだろうなぁ。
  ただ、不思議なのが、僕等は1曲を、一回唄うとき、1000通りには唄ってません。
  なのに、1000の心に向かって、1000通りに分かれてて届く。
  これが、僕が音楽に引き付けられてる一番の理由かもしれません。 』


って言ってるんです
これに、めっちゃ感動して。
あぁ、って。
なんか、分かってるんだなぁ…って。

やっぱミュージシャンってすげえなぁって。


あとね、
私、やっぱりなんか、考えが大人なのかもしれない(笑
今日、友と話してて、「やっぱ、麻友は私たちより一歩向こうを知ってる気がする」って言われて。
「大人だ」って。

今まで、ただただ「しっかりしてる」とか「大人」って言われても
ええ~って想ってたけど、
なぜか今日は嬉しくって。
私の想い、伝わったんだなって。(今日ブログにかきまーす)


私、感受性、心を磨きたいって常日頃想ってる
だから、やっぱりコブクロの歌を生で聴いてみたいです
小渕さんが書いた詩を、小渕さんの声とギターで聴きたいし、
黒田さんが魂を込めて唄う声を、私の体全体で感じてみたい。


「夢」だな、一つの
うん。


ここ花、私もそこの歌詞がめっちゃ好きです(^^)



Re: 新横浜にて。
v-308 初ライブ  v-300
感動たっぷり おめでとうv-314

語彙の豊富な、文才に長けてるBirdyちゃんに
「言葉が追いつかない」と云わせしめるコブクロのお二人の
パフォーマンスに思いは募るばかりです。

いつか・・・私も
憧れつづけた夢のステージまで あと6日。

そうか。
12000分の1じゃなくて1対1が12000回。
12000通りの感動が渦巻き、ひしめきあったんだね。
何か、のぼせそうだv-401

 「痛みはだから、いつも孤独の底で声を抑えて泣くのだ。」

辺見庸さんの言葉をスッと引用できるv-532 ちゃんがすごいです。

 「傷を抱いているからこそ、人と人は繋がれる。」
 
 「二つの異なった痛みをつなぐのは、私的痛覚を出発点にした
                   他者の痛みへの想像力にほかならない。」

全文ノートに書き写しました。
すこし利口になった私がいます。

貴女に近づきたいのよ、鶏ちゃんv-415


Re: 新横浜にて。
鶏ちゃん、おかえり~
まさか初ライブだとは思わなかった(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
頭のねじがユルユルになっているのに気づかなくてごめんよ~

ちゃんと落ちたねじ全部拾ってきた?(爆)

ライブを作っているのは
オンステージのメンバー
そして客席
僕もだけど参加した人たちは1/1?000を担っている
手拍子も歌の一部
客席の笑いもMCの一部
アンコールのコールとして歌う「ストリートのテーマ」
バラバラだった客席の歌声が揃った時、客席の最大の見せ場かな(笑)

待ってろ~武道館!
力を余すことなく楽しんでやる♪(* ̄ω ̄)v
Re: 新横浜にて。
花奈美ちゃんv-300

ありがとう~。(^^)
花奈美ちゃんの言葉はいつもあったかいなー。
ファンになって数年目、私もどうにかこうにか
初ライブを経験することができたよ☆

「お茶タイム」は楽しかったよー。
ひとみちゃんにはお世話になりっぱなしだった☆
いつか花奈美ちゃんともお茶して、
一緒にライブに行きたいな~♪
みんなで同じライブのチケット取って、
始まる前とかキャーキャー盛り上がったら、
絶対、ものすごく楽しいよね。(#^^#)

娘ちゃんは二人が立った同じステージで
演奏したんだね!
私も高校生の頃、コンクールに出た時、
「あぁ、ここはまっさんも、千葉に来るたび
立ってるステージなんだ。。。」
って思って、しみじみしたな~。

初めてのコブクロライブ、席では一人、おまけに大きな会場…。
私は普段、どこにでも一人で行くし、
一人で行動することは、むしろ好きなんだけど、
今回は最初、ちょっと怖かったな。
もしすごく居心地が悪くて、それが二人に対する気持ちに
影響したりしたらイヤだな、って。。。

でも実際は全然そんなことなくて、ほんとに楽しかったー。
よっぽど、一人で佐渡の観光バスに乗った時や、
一人で札幌の夜景を見に展望台に昇った時の方が
居心地悪かったわ~(^_^;

こちらこそ、これからもどうぞよろしくです。
いつも本当にありがとう♪

ブログ、リアルの知人には、なるべくなら知られたくないなー。
バレるとしたら、おそらくそのきっかけは、
ワンコ画像だとおもう。(^^;
よく連れ歩いてるイヌだからな~。(^^;;


コブ姉v-534

コメありがとうです(^^)
黒ちゃん、ホント最初からテンション高かったんですよー。
ファミさんのブログ見てたら、6公演くらい参加されてる方がいて、
自分が参加した中で、オープニングの黒ちゃんのテンションは
このときが一番高かった、って書いていらっしゃいました。
あの日、客席に馬場俊英さんが見えてたらしいんですが、
そのせいかな~、なんて思ったり。(^^)
他にも始まる前に何か、イイことがあったのかもしれませんね。^^

でも、ハイテンションでしゃべりまくり、
いきなり花道に向けて走り出す黒ちゃんの姿を目のあたりにしたら
もうホント、理性なんて全てぶっとんでしまいました(^^;

DVDの副音声、確かにありましたよね、その話♪
やぁ、できることならタイムスリップして、その光景を
見てみたいですよね!
どんな子だったんだろうな~。
おっきくてニギヤカで明るくて、でも気持ちの奥になにかを
抱えてる子だったのかな。。

歌舞伎役者! なるほど~!! 華がありますもんね~。(#^^#)
コビィも何かのインタビューで言ってたけど、
まさしく“花形役者”ですよね。

最後の写真、ナンバープレートそのものじゃなくて、
そのちょっと横の部分なんです。
ナンバープレートには、また別の演出がありました。
ネタバレしちゃいけないと思って、今回は載せませんでしたが
ぜひぜひ今度、実物をご覧になって見てくださいね。(^^)
Re: 新横浜にて。
麻友ちゃんv-511

コメありがとうね。テストの疲れはもうとれたかな?。(^^)

そっか、スピッツさんは初アリーナなんだ~。知らなかったよ。。。
大きな会場でライブをするアーティストさんと
小さめの会場を数多くこなすアーティストさんがいるよね。
まっさんも確か、武道館でやったりもしたけど、
一時期は、ホールや、それよりずっと小さな会場をあえて選んで、
年に100本以上コンサートをやってました。
1年中、3日に1回は歌ってるってことだから、ちょっとスゴイ。

アリーナクラスの規模の会場、以前よりは認められるようになったけど、
それでもやっぱり、ホールくらいのところでやってほしいなぁ、って
いう気持ちは、今も打ち消しがたいな~。

ただ、今回感じたのは、二人が、遠い席のお客さんまで楽しませようと、
ものすごく頑張ってるなぁ…、ってことだったんだ。
今回、私は幸運にも、比較的、前の方の(それほど前じゃないけど)
花道からもそう遠くない席だったから、
二人の表情がまぁまぁよく見えたんだけど、
最初から最後まで、一番強く感じたのが、そのことでした。
お客全体に対して、とにかく全力でめいっぱい絡んでいってる感じ。

「1000の心に向かって、1000通りに分かれて届く」、なるほどね…。
前に、「半分は自分たちが作るけど、あとの半分は聴く人たちが
それぞれ作る」っていうようなことも言ってたよね。

麻友ちゃんは確かに、同じくらいの年頃の子の中では
大人っぽいと私も思うな。
大人っぽい、って「引き出しをいっぱい持ってる」っていう意味ね。

生歌、生演奏はすごく迫力があったよ。
二人やバンドメンバーさんが、本当にうまいんだ、ってリアルに実感した。

麻友ちゃんが行ける日だって、そのうちすぐに来るよ。
お父さんお母さんがご都合が悪くて、保護者が必要だったら
お気軽にお声おかけください。(^^)


ゆき姐v-512

ありがとう~。ゆき姐の「おめでとう」がすごくうれしい♪

いやいや、大して文才なんかないんだけど、今回はホント難しい…。
例えば、文章を書くことが、計量カップを使って水の量をいちいち
確認しながら、それを書き留めることだとしたら、
今回のライブは、初っ端からいきなり一気に、信じられないくらいの量の
水が投入されて溢れ出し、あとはもう最後まで、あんぐりと口を開けて、
溢れて流れるのを、ただ、ぼえ~っと眺め続けていたような感じ。。。

ゆき姐は来週だもんね!
もう日曜になったから、あと5日。ワクワクだね~。(^^)
間違いなく、ステキなライブだよ♪

「12000分の1じゃなくて1対1が12000回 」か~。
さすがゆき姐! なるほどなるほど~。
ゆき姐の「1対1」は、どんな感じになるのかな~。
ホント、楽しみだね。^^

辺見さんのこと、有田芳生さんが、他の方の言葉を借りて
「野戦服を着た知性」って呼んでました。
ワイルドでちょっと強面で、なのに繊細で知的で、
ものすごくカッコイイ。

オイラなんてただの冴えないミーハー中年で、
キャ~キャ~言ってるだけだから、お恥ずかしいんだけどね。。(^^;

それから念のため。
私の書き方が悪いから、もしかしたら誤解させちゃってるかも
しれないんだけど、
「傷を抱いているからこそ~」っていうのは、辺見さんの言葉そのものじゃ
なくて、私が勝手にまとめて書いちゃったんだ。。。
もし誤解させちゃってたらごめんね。
記事もあとで、ちょっと直しておくね。

ゆき姐に触発されて、このごろ、姜さんと森さんの対談本、
私も久々に読み返してます。
Re: 新横浜にて。
けんさんv-509

そうなのよ、今が初ライブ、って思わないよね。(^^;
しかも、ここ10年ぐらい、他のミュージシャンのライブにも
たぶん足を運んでないと思う。。。
(芝居ばかり見てました。多い時は毎週2つくらいずつ。^^; )

ねじ、失くした!(笑)
だって、ものすごい勢いではじけ飛んじゃったからね~。
でも、ねじだけじゃなく、いろんなパーツも一緒に
飛んで行っちゃった気がします。
だから、オイラがあまりにもアホだったりヘン○イだったりしても、
コワレモノだからしょうがないのであって、
なまあたたかく見守ってやってください。(^^;;

アンコール、最初はけっこう長く手拍子が続いて、
いつ、何をきっかけに「ストリートのテーマ」に入ったらいいのか
ものすごくドキドキした~。
メロディがきこえてきた時、ホッとしたよ。^^;

うんうん、けんさんの言うとおり、
私たちだってライブを作ってるんだもんね。
受け身じゃなく、自分たちも作り手の一部だ、って思えれば、
全然また見えてくる景色も違うね。
ありがとう~。すごく納得だよ♪

横アリの時とは違って、武道館の席はちょっと遠いから、
肉眼で黒ちゃんの表情は見えないだろうけど、
私もめいっぱい楽しもう!(^^)

でも、双眼鏡は忘れずに持って行かなきゃね。
だってやっぱり、顔見たーーーい。^^
Re: 新横浜にて。
「自分たちは客として、確かに二人から愛されてるんだな」

これは私も思っちゃってます(o^―^o)
ライブに行った人が口をそろえて、黒ちゃんと目があった!小渕くんがこっちを見た!
って言うのがとても微笑ましいなって思うよ~

大阪や宮崎は確かにお二人にとって特別かもしれない。実際そうだと思う。
でも、私は地元名古屋(まあ私は岐阜だけど(^-^;)で二人の歌が聴ける幸せ
を噛み締めてるよ。
どんな場所でも、コブクロの二人がそこにいたらその瞬間から特別な場所に
変わると思うから。そしてどんな場所でもそこにいる人達に精一杯届けようと
してくれているのが伝わるから。

ライブが大好きな二人だから、いつか又ホール中心のツアーもやってくれたら
いいなって期待はずっと持ってるけどね。2階席でも十分二人の細かい表情が
見られたのはやっぱり嬉しかったからね~。

関東オフ会のためだけに東京へ行きたいと思ってしまって、初めての子供と
二人旅をしようと思ったんだけど、超方向音痴のため、乗り換えも不安だし、
オフ会の場所へたどり着く事ができそうにないので泣く泣く断念しました(T_T)
今なら子供は新幹線無料だしって思ったんだけどね~(笑)

又いつか逢えますように!

あっ!最後に書くのもなんだけど、

おかえり~(^^♪
楽しかったね♪
Birdyちゃん初ライブおめでとう~♪

少しは気持ち・・・落ち着いたかな?
ライブ楽しかったね♪
Birdyちゃん全然ボケボケしてないよ~
私は前日に下見してたからね~ ^^☆
そよちゃんもサイゼリアを出たら方向音痴になってたけど 
冷静なBirdyちゃんまで。。。 (^▽^ゞ 
やっぱり初ライブで 気持ちが高揚してたんだね♪

私は2回目だったけど まだハイテンション!!o(*^▽^*)o~♪
今日出かけたんだけど 「Moo・・・」をウォークマンで聴いてて 
ホームでこぶしあげて 小さく♪HEY!♪ってやって主人と娘に笑われた(爆)

Birdyちゃんのライブに対する考えや自分の心の変化みたいなものを
冷静に分析してるところ・・・さすがだね(*^^)v

会場のことはみんなも書いてるから 私はライブに参加する立場から・・・
私の初ライブは武道館の立見だったんだ♪
コブクロをテレビで見て その歌声に釘付けになって突発的にライブに
行きたくなって気がついたら申し込んでた!

武道館の立見で聴いた 「風」
ラストはマイクオフで照明も暗くなって・・・2人の歌が心にまっすぐ届いて・・・
本当に鳥肌が立つくらい感動したのを今でもはっきり覚えてます(*^o^)☆♪

確かにDVDでも歌は聴けてライブも楽しめるけど やっぱり生ライブには
かなわないよね♪
今 本物のコブクロが目の前で歌ってるドキドキの緊張感や迫力もあるけど
コブクロとたくさんのお客さんが 同じとき 同じ会場でライブを共有して
拍手したり笑ったり 一緒に踊ったりウエーブをしたり・・・
コブクロのライブはホントに楽しい~♪♪
お互いが刺激し合いながら楽しむのがライブの醍醐味だと思うんだ
o(*^▽^*)o~♪

ちょっとたとえは違うかもしれないけど DVDやテレビを見るのは
DSでペットを飼ったりWiiでテニスする感じかな?
それはそれで楽しんだけど 生きた動物のぬくもりや実際にラケットで
ボールを打つのとは 心や体に響いてくる感覚や感触が違うもんね♪
コブクロライブのほかに 最近は馬場さんやワライナキも行くけど 
やっばり生のライブは一度行くと楽しくてやみつきになります♪♪

今回はBirdyちゃんもファイナルに参加だね!
コブクロや参加するみんなのいろいろな気持ちがいっぱい詰まった
感動のライブになるでしょうねo(*^▽^*)o~♪
一緒に盛り上げようね!

Birdyちゃん 席はどのあたりかな?
私とローズちゃんはx列で ステージじゃなくて。。。



トイレとけんちゃんに近い席です(爆) (^▽^ゞ  


Re: 新横浜にて。
kanaちゃんv-526

コメントありがとう!(#^^#)

そうだよね、ファミさんのブログ見てると、
「黒ちゃんやコビィと目が合った!」「絶対こっちを見てた!」
って書いていらっしゃる方、たくさんいるもんね。(^▽^)

今まで、ライブはDVDやTVで見られれば、それでいいや、って
思ってたんだけど、生で見たら、
ふたりのエネルギーみたいなものが、すごくなまなましかった~。
kanaちゃんが書いてくれてる「精一杯」っていうのが、
すごくよく伝わったよ。
アンコールが終わってステージから去っていく時、
なんか、パワーを全部使い果たして、ちょっとフラッとしてるようにも
見えなくもなくて。
「あぁ~、できること全部やってくれたんだなー」って
しみじみ思いながら帰ってきたよ。。。

確かに、大阪や宮崎は特別なんだろうねー。
でも、私も横浜で十分すぎるくらい楽しかったなー。
数日前に横アリでライブをやった、ご当地出身のゆずさんに
負けないように、って言って頑張ってた黒ちゃんも可愛かったし。^^

いつかホールツアーがあったら、本当にイイよね。
でも今回、二人のパワーもすごかったけど、
スタッフさんの努力も感じたなぁ。
あれだけの大きさの会場に二人のメッセージを届けるために
いろんな演出、音響、照明、その他、、、
いっぱい頑張ってステージを作ってるんだろうな。

オフ会不参加、もし乗り換えとかだけの問題なら、
私、東京駅のホームまでお迎えに行くよ♪
うちから東京駅って行きやすいし、
ちょうど、オフ会会場の九段下まで行く中間地点だから
全然負担じゃないし。

もしもまだ考える余地があるようだったら、どうぞ検討してみてね。


ひとみちゃんv-416

コメント+当日はいろいろ、本当にありがとう。(^^)
イヤイヤ、オイラホントにボケボケしてました。
前日からいろいろ教えてもらったおかげで、
着いてからスムーズに行動できたし、カフェを出る時も、
ササッとカップやら何やらまとめて片付けてくれたり、
「あぁ、これが大人の女性の気遣いだわ…」って
しみじみ思ったりしてたんだよ。かっこいいなーって。

> ホームでこぶしあげて 小さく♪HEY!♪ってやって主人と娘に笑われた(爆)

これ↑、すごくかわいい~♪
ライブ行く前は、直前まで他のアーティストさんの音楽も
聴いたりしてたんだけど、帰ってきてからは、まだ
コブクロしか聴いてない~。
しかも、セットリストに入ってた曲だけ。
まだ当分、余韻はさめそうに ありません。(^^)

ひとみちゃんと二人の出会いは、すごくドラマティックだね!
「気がついたら申し込んでた」っていうのが、
アクティブなひとみちゃんらしくて、イイな~。^^

DSやWiiの例え、すごくよくわかるな~。
バーチャルなものもいろんな形で、日々の暮らしを彩ってくれるけど、
生のものが与えてくれるのは、またそれとはちょっと別物なのかなー。
特別な日だ、っていう感覚と、気分の高揚、
決して繰り返せない、一回きりの体験だ、っていう思い、
終わった出来事を外側から眺めるんじゃなく、一緒に体験してるんだ、
っていうこと、、、

ファイナルの席は、1Fのスタンドです。
ちょっとステージに遠いのが残念だけど、
横アリとはまた違った楽しみ方ができるかな、って思ってます♪

「トイレとけんちゃん」<このふたつ、並列って。。。
分類上、同じグループ、ってこと?(爆笑)^^
Re: 新横浜にて。
それは
「下の世話係」ってことでしょうか(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
Re: 新横浜にて。
けんさん、

わはは♪
何かあったら、レディ二人を
よろしくお願いしまーす。(^^)
武道館にて。
夢のような一日が過ぎて
    つまらない現実の中にいる。

田舎者がたまに都会に出ると刺激が強すぎます。

小春日和の今日
吹き渡る風の匂いに、さえずる野鳥の声に
「ここが貴女の住むべき場所だよ」と念を押されてるようで・・・

なんちゃってv-397

どんな気取った文 書いてみても(書けないけど)
淋しいと、切ないと嘆いてみても
「どの面下げてそんな事を云う」と一笑されそうでv-390


みゅうみゅうちゃん
もう貴女はここを覗く事はないのかしら?

念願かなってBirdyちゃんとお会いできました。
あれだけ、逢いたいね。逢おうね。と約束した
あなたが そこに居ないのは 少し淋しくもありました。
いつか
みゅうみゅうちゃんの目に留まる事が有ったら足跡残してね。
今ならきっと楽しくおしゃべり出来るよね。

さあてと。
ライブレポ。オフ会レポは私には無理ですね。
「言葉が追いつかない」の意味が、ようやく解りました。

鶏ちゃん今頃イタリアンレストランでオフ会真っ最中かな。
みんな楽しんでね。
勿論ファイナルも。
Re: 新横浜にて。
ゆき姐、コメありがとう(#^^#)

昨日と一昨日の、とびきりの晴天が嘘だったかのように、
今日は、晴れ、時々、ちょっと重たい曇り空。
何だか、今の自分の気持ちみたいです。

どうやって日々の暮らしの中にまた帰還したらいいのか
おろおろしながら、でもきっといずれなじんでいくものだから、
じたばたせずに、ただただ、ぼーっと時間が流れていくのを
眺めていようと思います。
(ビンボー暇なしで、あんましそうもしていられないんだけどね。^^; )

ゆき姐に、そしてみんなに会えた、セミファイナルのオフ。
昨日のファイナルのオフ。
私にとっては、ライブと同じくらい意味のあるものでした。
みんなと会えたうれしさ。
今回は会えなかったみんなが、たくさんの優しいメッセージを
くれたこと。
そして時に無言の優しさもいただきました。
全部全部、大切にとっておきます。絶対に忘れない。

次にまた会える時には、せめてもう少しマシな声で話せるよう
(といっても、風邪ひかなくても決して美声ではない。)
体調をととのえて行くね。。

ゆき姐も、お会いできたみんなも、
かすれて聞きとりにくかったに違いない私の言葉にも
耳を傾けてくれて、本当にありがとう。
また会えますように。
今回会えなかったかたも、いつかきっと会えますように。
最近の記事プルダウン
いろいろ
チェックしたツイート
ミニブログ(仮) 最新5件
※ミニブログ本体は【こちら】
Instagram
ミニブログ↑は残念なことに写真がとても貼り付けにくいので、今後、写真はこちらに…
リンク
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール

Birdy

Author:Birdy


イヌが好きだけど、飼えません。(泣)

  1. _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。