| *All archives* | 

鳩のいる風景
ある場所で、トラックの荷台の上にいる鳩の写真を見せてもらったら(^^)
突然、「Laundry」(2001)という映画のことを思い出した。

見ようとして見たわけではなく、深夜、テレビをつけっぱなしにしていたら
たまたま放映されていたのだった。
そんなふうにして偶然出会った映画が心に残ることって、結構ある。
思えば「バーディ」も、そうだった。
何かと、深夜の、鳥が出てくる映画には、縁があります。
(セミのオフ会で、みさきママのみきちゃんに
「BirdyちゃんのHNって何からとったの?」って聞かれて
「映画のタイトル~」って答えたら、
最初、ヒッチコックの「鳥」だと思われてました。あの鳥はコワイよー。^^;)

(※以下、ネタバレあり。)
幼い頃、頭に傷を負った青年・テル(窪塚洋介)は、
祖母が経営するコインランドリーで、毎日洗濯物が盗まれないよう
見張る仕事(?)をしている。

お客の女性がある日、ランドリーにワンピースを1枚置き忘れたまま、
やってこなくなってしまう。
恋に破れて心が傷つき、万引き癖が身にしみついてしまった、
その女性・水絵(小雪)は、故郷に帰ったのだった。

祖母に死なれて仕事を失い、天涯孤独の身となったテルは
たった1枚のワンピースを届けるために、彼女のもとに向かう。

前科のある娘にとって、決して暮らしやすくはなかった故郷。
テルとの再会に、心安らぐ水絵。
でも、彼女の心の闇はまだ癒えたわけではなく、悲劇は続く。
引き裂かれるように訪れる、しばしの別離。

そんなふたりを優しく包みこむのが、たまたまテルを拾った
アヤシイ中年男・サリー(内藤剛志)。
軽トラックにたくさんの鳩を積んで出かけ、結婚式の時などに放つ、
そんな仕事を、テルと水絵に手伝わせる。

戻ってきた水絵。
それをただ、テルと、青空を舞い飛ぶ鳩が迎える。
(※ネタバレここまで。)

…と、そんな感じの映画だった。
(一度しか見ていないので、かなりうろおぼえですが。^^;)


当時、まさしく飛ぶ鳥を落とす勢い(!)だった窪塚を
初めて知ったのは、妹尾河童の原作を単発ドラマ化した
「少年H」(1999)だった。

主役の少年と仲が良い映画技師(だったかな?)の窪塚は、
そのルックスと立ち振る舞いから、
少年に「おとこねえちゃん」と呼ばれている。
映画を愛し、少年ともフランクに付き合う優しい青年にも
届く召集令状。
一旦はそれに応じて軍隊入りしたものの、すぐに逃げ出す彼。
追っ手がかかり、行き場をなくした彼は、首を吊る――。

あのとき、「なんてイイ若手なんでしょ」と思っていたら
ほどなくブレイク。
繊細で、色気があって、他にない独特の空気を身にまとっていて、
それが時代の要請に、ぴったりと嵌ったのだろう。
(その数年後には、ちょっと別の方向に、ある意味
ブレイクしてしまったけど…。^^; )


テルと同じ系列の、ピュアな男性主人公といえば、
「フォレスト・ガンプ」のトム・ハンクスとか
「オンリー・ユー~愛されて~」
(主題歌が、当時大好きだったORIGINAL LOVEの「プライマル」
だったから、見てました ^v^ )の大沢たかおあたり?
他にもいっぱいいそうだけれど…。


グチャグチャに傷ついた水絵は、
靴を泥水で汚しながら、水たまりを踏みつけ泣き泣き歩く。
ふっきれた水絵は、「見ていて!」と明るく笑って
軽やかに水たまりを飛び越える。

誰だって幾つになっても、
泥水にまみれ足を引きずって歩くことはあると思うし、
歩けなくなることだってある。
でも、いつかはきっと、飛べるといいなぁ。
かっこよくなくったっていい。
どんなに低い跳躍でも、どんなに短時間の飛翔でもいいから。

今日の関東は、重たい曇り空だけれど、あったかいです。
中島みゆきの「この空を飛べたら」を、ちょっと思い出したりもするけれど、
でも。

実物の鳩は、結構凶暴だったり、
素っ頓狂だったりもするけれど、ユーモラスで、
彼らのいる風景は、写真1枚で、なんというか、和みます。



Laundry [ランドリー] [DVD]Laundry [ランドリー] [DVD]
(2002/10/04)
窪塚洋介・小雪・内藤剛志
Secret
(非公開コメント受付中)

Re: 鳩のいる風景

久しぶりです(^^)
コメありがとう(^^)

もう最近映画好きで(^^)
色々見てる(つもり)笑・
最近「マンマ・ミーア」を見たんですけど、これとってもお勧め
とっても良かった。
お母さんと娘っていいなぁって、私も結婚式が楽しみになった*
ミュージカルだから、楽しいし、うん、本当に名作
いつか舞台で見た~いっ


『少年H』、本がウチにあります。
そんな物語だったんだ…。
なんとなく敬遠してたけど、読もうっと。

『laundry』
すごく見たい。私そういう系統好きです。

映画って、ただ何気ないシーンのように見えて
おっきなメッセージがあったりしますよね
私はまだそれに気付けない時がある
でもそんな時は、両親が気付かせてくれるんです


『この空を飛べたら』

好き。大好き。私…中島みゆきさん好きです。
歌詞が独特。
「時代」も好きだし、「銀の龍の背にのって」も好き。
この歌、加藤登紀子さんも唄ってるんですね
この加藤さんも好きな歌手で…といっても、「紅の豚」の曲しか聴いたことないけど
すごいすてきな曲で。
あ、100万本のバラの花はこの方だったのかな

人…は鳥だったのかもしれない
すごく的えてると想う。うん。



次見たい映画とかありますか^^?
私は「おとうと」とか、「今度は愛妻家」かなぁ。
どっちもまた渋いかも(笑)

「今度は愛妻家」、豊川さんが「俊介」なんですよ(^^)
相手の名前は…「さくら」♪

Re: 鳩のいる風景
麻友ちゃん☆

こちらこそ、コメも、
麻友ちゃんのとこのレスもありがとうね(^^)

「マンマ・ミーア」、映画になってたんだね!
知らなかった~e-451

「少年H」、実は私、読んだことはないんだよね(^^ゞ
確かドラマを見た直後、本屋さんで買おうと思ったんだけど、
けっこう長かったから
「あ、今買っても読めないから、今度にしょう」と思ってそれっきり。。(^^;
でもドラマはすごくよかったから、原作も良いんじゃないかな~。
(たいてい、ドラマにすると、原作よりレベルが落ちちゃうよね。)

「Laundry」は、たまたま一度見ただけだから
あんまりちゃんと記事が書けなかったけど(^^;
良かった、っていう印象が強く残ってるなー。
(公式サイトによると、確か、何かの賞も獲ってるはず。)
映像も、細かいところまで良く出来てて、きれいだったし。

みんな、現実にはありえないくらいピュアで。
ヒロインなんて、「そんなにピュアで傷つきやすくちゃダメ!」って
キツく説教したくなるくらい。。。
でも、時には、こういう優しい映画を見るのは悪くないな。
もし、レンタル屋さんとかで見かけたら、ぜひぜひ。^^
少女にも、これは安心してオススメできます☆

「少女にオススメできる・できない」で思い出したけど(^^;
来月か再来月、スカパーで映画の「重力ピエロ」をやるみたいだから、
見てみるね。

やっぱり中島みゆきって、すごいよね。
私が中学の頃、いいな、って思ってたみゆきさんを
今の中学生の麻友ちゃんが、おんなじように、いいな、って
思ってるんだもんね。。。

中学生か高校生の頃、みゆきさんの『愛が好きです』っていう
文庫本を持ってて、かなり読み込んでたなー。
当時はまだ、レコードもCDも自由に買える財力がなかったから、
文庫本をひたすら読んで、あとはとにかくラジオでエアチェックして
手当たり次第に録音。

さだまさしも松山千春も、文庫本の歌詞集が出てたから、
ほとんどの曲はまず、文字で知ったんだ。
彼らの歌詞は、ほんとに素敵で。(私の場合は特に、さださんが。^^)

麻友ちゃんのところで、歌詞と詩の違いについて話してたよね。
詩って、文字だけで完全に成り立つ。

でも、歌詞ってダメなやつは、文字だけじゃ目も当てられない…。
数年前にカラオケで、ある若い女性歌手の歌の歌詞を、
初めて文字で見て、びっくりしたことがあるんだー。
それは、すごく流行った歌で、歌手もけっこう上手くて。
でも、それまで歌詞なんて、気に留めたこともなかったんだよね。
なのに、初めて字幕で見たら、
「ひどすぎる。。。何これ? 書いた人、バカなんじゃないの?」って(爆)
ほんと、マジでビックリ。
こんなに陳腐でバカっぽい歌詞を、
あの子はうまそうに気取って歌ってたのか!って思って、
ほんと、悶死寸前だったよ。(ちょっと毒舌すぎ。 ゴメン。^^;)

加藤登紀子さんといえば、ほんと、「百万本のバラ」。あと「知床旅情」。
それから私の場合、世代的に、中森明菜ちゃんの「難破船」かなー。
「紅の豚」の主題歌も、ものすごくよく憶えてる。。
だんなさんとの数々のエピソードも有名だよね。

みゆきさんは、今でも時々、カラオケで歌います。
ここ10年間くらいの歌はあんまり知らないんだけどね(^^;
中学生の頃、好きな女性歌手といえば、みゆきさんとイルカさんだったなー。
でも、イルカさんって、知ってる?(^^;;

「おとうと」、うん、渋い(笑)
でも、ちょっと見てみたいよね。鶴瓶さんの評判イイし。

「今度は愛妻家」は監督が行定勲だから、絶対面白いと思うな~。
それに、さっき検索してみたら、
石橋蓮司(ミニブログにちょこっと書いた人)が出てるんだね!
しかも、かなり弾けたオカマ役ですと! 見たい見たい!!(^^)

「俊介」と「さくら」か~。
うんうん♪ グフフ(^m^)
Re: 鳩のいる風景
こんにちは~♪

お元気ですか・・・
あの写真の「鳩」ですよね。
レース用の鳩かしら、と思っていますが。
鳩は苦手なかた多いかしらね。
姉も鳩の目が怖いから・・・といいます。
遠い昔に私が鳩を追いかけまわしながら遊んでいると、
「このこの頭のなかはいったい・・・」とけげんな顔で眺められました^^;
主人は子どものころ自宅で鳩小屋を作ってもらって、白い鳩を100羽ほど
飼っていたそうです。
伝書バトにしていたのかな、、自分で餌などの面倒をすべてやっていたようです。
昭和40年前半ごろですが、私の実家の近所でも鳩を飼っている家は多かったです。

この映画は知らないのですが、窪塚さんは現在どうされているんでしょう。
一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに・・・
そういえばドラマかなにかで「魔界転生」の天草四郎役をしていたような。。。
う~~ん、なんとなくリバー・フェニックスと繊細な感じが似ている気もします。
また表舞台にでてきてほしい役者さんです♪

中島みゆきさん、さだまさしさん、松山千春さん、小田和正さん、谷村新司さん、
当時はあーでもないこーでもないといわれていたけれど、
いまでも私たちの年代はおろか若いかたたちにも好きなかたたくさんいますよね。
それだけ作品としての楽曲が素晴らしいんだと思います。
以前にあのGacktさんがさださんの「道化師のソネット」が好きだと聞いたときには
飲んでた紅茶吹き出しましたもの。

みゆきさんの「この空を飛びたくて」も好きですが、
最近よく聴くのは「瞬きもせず」「私たちは春のなかで」かな。。
さださんでは「フレディもしくは三教街」をはじめとしてですね・・・
小田さんだったらまずは「Woh Woh」で、、、
いけない、いけない、限りなく書きそうです。。
ごめんなさい、コメントなのに余計なことをながながと^^;;;;

いまごろの季節の、関東のやや厚めの雲からなんとなく漏れている陽射し好きなんです。
風も弱くて、ほどほどに暖かくて、場所によっては梅の花がほころびていたりして。。
金沢は先週の雪もほぼ溶けて、雲も多いですが陽も射しこんでいる穏やかな午後です。
でも「この陽射しにだまされてはいけません。夕方から崩れてきて夜には雪になりそうです。
おでかけの際には傘を」とラジオから聞こえてきます^^
Re: 鳩のいる風景
ふたたびです・・・

曲名間違えていました。
「この空を飛べたら」でした、、ごめんなさい^^;;

Re: 鳩のいる風景
HALさん、こんにちは♪
コメント、それから、丁寧に訂正のコメも入れて下さり、
ありがとうございます☆

そうです、そうです、あの「鳩」です(^^)
鳩を追いかけ回す幼いHALさん、想像するとすごく可愛いです♪
私も一度くらい、鳩を後ろからムギュッと捕まえてみたい、という
欲望が、未だに消えません。(^^;

鳩レース、なるほど~。
子どもの頃、伝書鳩って、けっこう憧れでした。
ご主人、すごいですね!
私の大好きな映画(「バーディ」)の主人公の男の子も、
鳩小屋で、すごくたくさんの鳩を飼ってました!
あの頃って、たぶん世界規模で、伝書鳩が、
今よりもメジャーなものでしたよね。
遠い地まで、手紙を運ぶ白鳩…、
なんて賢いんでしょ、なんて可愛いんでしょ、って思ってました。

ちょっと違うんですけど、ガラスの瓶の中に
手紙を詰めて流す、ってことにもすごく憧れてましたし、
トランシーバーにも憧れがありました。
伝書鳩、ガラス瓶、トランシーバー、って
全然違うものなのに、なぜか自分の過去の記憶の中では
一繋がりのものになっていて、不思議です。
離れたところにいる人と、
普段とはちょっと違ったコミュニケーションがとりたかったのかな~。
ネットや携帯がない時代独特の、子どもらしい憧れかもしれないですね。

窪塚さんの天草四郎、私は見てないんですが、
ものすごーく似合いそうですね~。
なるほど~、リバー・フェニックス!
「魔界転生」といえば、沢田研二さんも思い浮かびますが、
ジュリーも昔は、すごく繊細な感じでキレイでしたよね。^^
(映画の「太陽を盗んだ男」のジュリーが大好きで、
今までに何十回、下手すれば百回以上、繰り返し見てます。^^)

さっき検索してみたら、窪塚さん、TVはご無沙汰だけれど
映画はけっこうコンスタントに出演してるみたいです。
しかも今度、桐野夏生原作の「東京島」に出演するとのこと!
私、桐野さん好きなんですが、窪塚さんが演じる役は、
原作ではかなりヤバイ感じのキャラで、無骨なイメージなんです。
でも、彼は、ピュアなキャラから邪悪なキャラまで、
演じられる幅がすごく広いですよね。
だからこの映画、すごく楽しみにしています。

Gacktさんが「道化師のソネット」好きとは、ビックリです!
突然聞かされたら、ほんと、吹き出しますよね~。^^

> 中島みゆきさん、さだまさしさん、松山千春さん、小田和正さん、谷村新司さん、

もう、みんな、大・大好きでした(笑)
そういえば昨年末の紅白では、再結成されたアリスが聴けて
めちゃめちゃハッピーでした。
久々に、演歌歌手じゃないべーヤンに会えましたし。(^^;

彼らの歌に出会ったことによって、今の自分が作られた気さえします。
特に私の場合、中1の頃から20代半ばまで、
「寝ても覚めてもさだまさし」で、明らかに自分のルーツだと思っているので
もし万が一、さださんに実際にお会いする機会があったら、
「お父さん!!(笑)」と呼びかけたいくらいです。(^^;
(勿論、そこまで全然、年齢が離れてないですけど。^^;;)

「フレディもしくは三教街」、ヤバイです。大好きです。
あの頃憶えた歌は、全部、歌詞も思い出せます。
今、何かを暗記しろ、と言われても、何も憶えられないのに…。
記憶って不思議です。

昨日の関東は日中、さほど厳しい寒さはなく、陽射しもあって
本当に関東らしい、冬の一日でした。
コートを羽織れば、あとはマフラーを軽くグルッと巻くくらいで
元気に歩ける程度の寒さは、悪くないですよね。

そちらの今晩の雪はいかがでしょうか。
降ってるのかな…。きっととてもキレイでしょうね。
(積もってしまうと、何かと大変でしょうが…。)
どうぞあったかくしてお過ごしくださいね。(^^)

コメント、うれしかったです。ありがとうございました。^^
Re: 鳩のいる風景
クンクン
こんなに好物をばら撒かれたら
波紋の広がりの一番外側でひっそり、こっそり楽しむなんて出来ないです。
鶏ちゃんのマタタビ作戦に引き寄せられて
おじゃましま~す。

「道化師のソネット」で全てが繋がりました。
この記事、大好物のみゆきさん記されているにも関わらず
「翼よあれが巴里の灯だ」が頭の中で鳴りだしたの。

黒ちゃんのソウルフルな
「見せかけのプライドなんて風に散らしてやれ
    最後に超えるのは 逃れられない自分という壁」の歌声と共に
何故かピエロ姿のさだまさし????

なにゆえ~~v-361
             「翔べイカロスの翼」だ。道化師のソネットじゃん。

HAL 東福 さん 有難う。すべてが繋がりました。


鶏ちゃんは
何かを目指して飛び立とうとしているの?
高みを目指しているのかな

ぬかるみに足を取られたって
泥にまみれたって
より高く飛ぼうとしたら、それなりの助走距離が必要ですv-233

さあ、行っといで~
洗剤泡立てて待ってるよ。
お風呂も沸かしておくね(チキンスープ♪v-532スープ♪)
しっかり走らないと水たまりさえ飛びこせないぞ。



あー。知りたい。知りたい。。。
悶死寸前の陳腐な歌って・・・誰の何?
伝書鳩飛ばすので返信願います。

そういえば見逃したレッドクリフ2は、お正月に見られましたか
ここでも伝書鳩が重要な働きをします。

なんかまとまんないけどタイムアウト 送信。

Re: 鳩のいる風景
こんばんわ(^^)
遅れてのお返事…。

ずっとコメしよう、でも悪いかな、とうろついて。
でも、うん、うん!と勝手に心を説得しまして、来ました*




 『マンマ・ミーア』は、私以外の家族は映画館で鑑賞。
私はこの前地上波で見ました*
今度WOWOWでもあるみたいです!

めっちゃすてきでした。音楽って素晴らしい!って言いたくなる(笑)


わかるなぁ…原作がドラマになると、魅力半減しちゃう感じ。
でもお、本当にすてきな監督さんとかだったらいいんだろうけど、
「沈まぬ太陽」とか、きっと良かったんじゃないかな?

『瑠璃の島』見てました?
あれの原作じゃないけど、ドラマそのままが小説になった本を持ってて。
それはすごくすてきだったなぁ、ドラマそんままだったからかもしれないけど。
最後に「ここにしか咲かない花」も載ってて。
瑠璃色の写真がbackに書かれてるんですよ、歌詞が。

歌詞の良さがbackの写真にマッチしていて、
「ここ花」の歌詞読みたくなったら、この本を開くんです。


優しい映画、ってある意味賛否両論ある気がする…、
私、映画で好き嫌いが分かれるのって、景色なんですよね。
景色がきれいな映画が好き。
これ、一つあるんです(^^)

ぜひ見てみますね。
ありがとうございます*^^*
『重力ピエロ』は、友達に内容を話せないかな(笑)
悠には言えたけど…
加瀬さんと岡田くんがすてきですよ!


中島みゆきさんって、不思議ですよね。
歌詞とか、すごくかっこいいんです、私からしたら
「今日の風に吹かれましょう」とか、
「銀の龍の背に乗って」とか。

でも、外見はすごくcuteじゃないですか。
最初は信じませんでした、親に「この人中島みゆきさんだよ」って言われても(爆)

『間宮兄弟』にも出てるし*


↑見ました?
私はこの間原作も読みました。江國さんは好みかも。


父も、もっぱら音楽はラジオだったって言ってました。
両親はこうせつさんや、陽水さんが好きですよ*
私も、こうせつさんの声大好き。
陽水さんは、、、、うますぎます(笑)この前SONGS見たけど、
こんなに声量があるんだ!この年齢で!って。

口あいちゃいました。笑


文学から知ったんですね。
今とはやっぱり違いますよね、、うん。

さだまさしさんの曲…私あんまり詳しくないけど(笑)
『19歳』はめっちゃ好き。
あと『案山子』?
母がね、兄へのメールで「元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか」みたいに
歌詞を贈ったんです。
そしたら、兄が「なんね、この質問攻めは」って笑
「やっぱり知らんよね、さだまさしの案山子だよ」って返信してました(笑)

母が父に「やっぱ知らんかった…」って悲しそうに言ってた(笑)



Birdyさんが言ってる歌詞、
なんとなく予想してみたんですけど違ってたら失礼なのでやめときます。笑

私、結構歌詞重視なんです。
そういうところあると想う。
でも、それ以上にメロディーや声がよかったら、関係なくなる時もあるけど。
SPEEDさん最近聴くけど、歌詞よりメロディーが好き。
hiroさん最近聴くけど、理由はhiroさん作詞の「ナミダ」とか「しあわせの道」がとっても共感できたから。好みの歌詞で。

でも、私今のヤング世代も、歌詞重視してると想うんですよね、
GreeeeNさんとか、いい歌詞は本当に良い歌詞だし。
でも、そこで私は終っちゃう。
ファンにはならないし…

『歌詞』なんだから、唄もうまくなきゃ!って私は想うの。
それが「詩」だったら歌なんていいけど、
そしたら、一気にグレードが上がる。

そうなると大変なんですよね…。



加藤さんと旦那さんの話なんて何も知らない^^;
今度親に聴いてみようっと。


行定さんいいですよね、景色がきれい。
2~3月にも新しい映画「パレード」が公開なんですよ♪
父も、行定さんならって感じだった*
でもうちの両親はうまくいってるしなぁ(笑)
男は反省、女は共感…みたいな感じらしい*
もう、「俊介」と「さくら」で見たいと思いましたから(笑)




Re: 鳩のいる風景
ゆき姐、麻友ちゃん、コメントありがとう♪
とってもうれしく読ませてもらいました~。
お返事ちょこっと待ってね。
ごめんね…。明日の夜、戻ります。

とりあえず、ひとことだけ…。

ゆき姐、
チキンv-532スープ、りょ、猟奇だ…。。(^^;

麻友ちゃん、
「Laundry」と「重力ピエロ」って同じ監督さんだった!e-451
Re: 鳩のいる風景
お帰りなさい  (偽 中島みゆき)
お疲れの処、悪いんだけど基地から救難信号が出ています。
私へのお返事は十分ですので、パトロールお願いします。


     るいちゃんのPCの状態、文面だけじゃ判断つかないけど
     Cドライブは満杯でも、Dドライブはガラ空きってことは無いのかな
     そしたら、お引っ越しだけでサクサク動くようになるのだろうか。
     その程度の手順の説明なら私でも可能だけど、消えたデータは復元できるのか?
     やっぱ、お頼申します
e-466e-466


麻友ちゃん、ちょっと待ってってね。


追記
大仕事、長引いてるんだね。
そっと消しに来たけど…。
ここは見なかった事にして、とにかく戻ったら寝てください。
私はこれから出勤です。
「行ってきます。」そして「おやすみなさい。」
Re: 鳩のいる風景

全然v-433です
私のことも気にしないでください(^^)ノ
Re: 鳩のいる風景
ゆき姐・麻友ちゃん、

昨日はお呼ばれした先でのイレギュラーな仕事で、
その後、ご馳走になったりいろいろして、
帰宅したのが午前1時過ぎ…。
寝不足と酔いでそのまま寝てしまいました。

そんなこんなで、申し訳ない。。。

ゆき姐の書いてる黄緑色のところは
去年るいちゃんに説明したことがあるから
たぶん大丈夫だと思うんだけど…。
PCのエラーって、実物が目の前にないと
何が原因なのか、なかなかわからないんだよね…。

今日は久しぶりの休日。
といっても午前中まるまる寝ちゃったから、
半分しか残ってないけど…。

銀行行ったり野暮用済ませてから、また来ます。

【追記】
27日に慣れないことをしたせいか、
昨日(28日)は思いがけず知恵熱(苦笑)を出してしまい、
続きが書けませんでした。
きっとレスを見に来てくれてたよね。ごめんね…。
今日はもう大丈夫です。午後から一仕事なので、夜に…。
ほんとにごめんね。
Re: 鳩のいる風景
あれやこれやでバタバタの1月終盤、
すっかりレスが遅くなっちゃってゴメンナサイ…。

ゆき姐☆
ピエロ姿のさだまさし…、懐かしすぎる~♪
「翔べイカロスの翼」は、公開の何年か後に
中学の映画鑑賞会で見たんだ~。

あの頃は、アイドル雑誌にも時々、さだまさしの記事が載ってました。
私は雑誌は買ってなかったけれど、
買ってる子が何人も「さだ記事の切り抜きあげる~」って言うから、
(他の子は大概ジャニーズ目当てだったから、
まっさんは要らなかったらしい。。)
おんなじ記事の切り抜きを幾つも持ってたなぁ~。(^^;

「道化師のソネット」、今思い出してもジ~ンとする…。
優しくて美しい歌だよね…。

HALさんがGacktさんのこと教えて下さったけど、
誰かがまっさん(の歌)を好き、って聞くと、一発で
その人のことを好きになる傾向が、私にはあります。^^
お笑い芸人のNON STYLEの石田さん(白い衣装の、細い方の人)も
さださんファンって知ってから、ちょっと好きだし、
昔8/6に長崎で開催されてた「夏 長崎から さだまさし」とか
深夜のNHKの、例のさだ番組に出演したことがある人とか、
全員良い人に思えちゃう。(^^;

あ、さだ番組、明日の夜だよね。
忘れないようにしなくちゃ!

伝書鳩に頼み忘れたんだけど、
「レッドクリフ2」は、まだ見てないの~。(><)
(つまりいまだに、赤壁の戦い直前でオアズケ状態のまま…。)
ゆき姐と今度デートできる時までには見ておきます♪
今年はまだ、映画ってほとんど見てない。。
今ちょっと見たいのは「死の棘」。
昔一回見たんだけど、ちょっと(ってか、かなり)恐かった。。(^^;


麻友ちゃん☆
うんうん、イイ監督さんだったら、映画化してもオッケーだと思う!
↑に書いた「死の棘」なんか、小説もすごいけど映画もすごいもん。。
(桐野夏生さんの「IN」っていう小説の中の題材に使われてるんだー)
あっ、ちなみに「死の棘」も「IN」も、中学生にはオススメしません。
コワイからねー。もうちょっと大人になってから読んでねー(^^;;

「瑠璃の島」は、再放送の時、見たよ。(何回か見逃してるけど。^^;)
あれは、良いドラマだったよね。
「北の国から」くらいの大作にひけをとらないレベルだと思ったもん。
ドラマと「ここ花」が、本当にお互いに引き立て合ってたと思う。

きれいな景色の映画が好き、ってよくわかるな。
映像の撮り方のセンスが良い、ってことだよね。
映画って、セリフだけじゃなく、映像で何かを語る割合が大きいもんね。
無言で人物が歩くだけのシーンでも、
どの角度から、どんな色合いで撮るのか、とか、
何をクローズアップするのかしないのか、で
そのシーンの意味合いが、ガラッと変わってくるよね。

「間宮兄弟」は見たよ☆
中島みゆきが兄弟のお母さん役だったよね。

みゆきさんって、私が初めて知ったアルバムのタイトルは
「生きていてもいいですか」で(^^;
1曲目が「うらみ・ます」、最後の曲が「異国」。(^^;;
「エレーン」とかも…。。(^^;;;
その人が、「オールナイトニッポン」(深夜ラジオ)で
ものすごく弾けた、歌とは全くの別人格でしゃべり倒してるのを
知った時は、ひっくり返りそうになったよ。(^^;
でも、このアルバム大好き。
「泣きたい夜に」とか、思い出すだけで泣けるぅぅぅ。

陽水さん、こうせつさん、、、
ちょっと、語り始めたら止まらなくなっちゃいそうなんだけどー。(^^;
カラオケボックスか何かを半日くらい借り切って
ダラダラ喋ったり曲かけたり歌ったりしたら
さぞや楽しかろうなー(^^)♪

吉田修一、「パレード」は読んでないけど
芥川賞をとった「パーク・ライフ」は読んだよ。けっこう好きな感じだった。
「パレード」、映画になるって知らなかった~e-451
ストーカー行為 バレバレですか
何度も様子を窺いに来る私は、丸っきりv-532ストーカー
だって、ほら
銀行へ行ったまま戻らないのは
ある種、事件の香りが漂います。。。ぶつぶつ。。

しかしv-532 ちゃん 流石ですね。
どんな話題を振られても、その間口の広い事、広い事。
そして
触れられたくない話題は、するりとかわす。

ちょいと鶏さん
>「翔べイカロスの翼」は、公開の何年か後に
  中学の映画鑑賞会で見たんだ~。  ってv-399
当時v-512 高校生。そんなに年齢離れてたのか~v-406


「死の棘」早速ポチっとしなくちゃね。
けど、これ本当に「うらみま~す。うらみま~す。」だね。
「狂おしい程、愛してる」とかって、どんなもんなの?
鶏ちゃん経験お有りですかv-388 うひょうひょ。
ああ。早く読みたい。届くのが楽しみです。

鶏ちゃんに云うのも何ですが・・・
私、本当に本を読まないv-390
絵本と童話の世界で止まっちゃってる。
だって、楽しいんだもんメルヘンの世界は。
そして
文字が大きいんですもん。子供向けの本はv-402
読みたくても読めない損なお年頃ですi-93


「生さだ」今夜は秋田からの放送だっけ?
ありゃ。確か故郷は。。。楽しみだね。
Re: 鳩のいる風景
おっ、ゆき姐発見☆
わはは、ストーカーなんて言ってるけど、ホントは
オイラが忙しいとか体調悪いとか言ってるから、
突然死したりしてないか、気にしてくれてるんでしょ~。
ありがとねー(^^)

一昨日は、銀行行って、家賃払いに行って、
大家さんのお宅で長々とお茶までいただいたりして
帰ってきたら、グググッと睡眠の底に引きずり込まれて
しまっただよー。(^^;

あんまり間口広くないよー。興味あるもの以外スルーだから。(^^;
ちなみに今は、細川たかし月間、絶賛継続中。わはは。
毎年1月は演歌月間なんだけど、もう1月も終わっちゃうね。。
今年ももう、12分の1が終わっちゃうのか…。(ーー;

あれっ? なんか話題かわしてたかな?
それはたぶん、脳のメモリ不足のような気がするです。(^^;;
何かお答えし忘れてるようだったら、遠慮なく言ってね。

「翔べイカロス~」公開時は、かろうじて小学生なんだけど、
「かろうじて」ってところがミソ。えへへー。(^^;;;

「死の棘」、読み直すのは結構たいへんで躊躇してる。(^^;
「死の棘日記」も持ってるんだけど、熟読する勇気がなくて。
たぶん映画を先に見ると思う~。(相方がDVD持ってるので。)
実はこれも昔、深夜にたまたま、TVで見たんだー。
コワイコワイ。。すごいです。
ゆき姐こそ、どうですかぁ? うひょひょ。(^v^)

絵本や童話、ステキなのがいっぱいあるよね!
私、全然詳しくなくてお恥ずかしいんだけど(^^;
今夜は「生さだ」放映日、ということで思い出したのは
昔まっさんが勧めてくれた「大きな木(The giving tree)」。
有名な本みたいだね。そういうの、もっと知りたいなー。
オススメの童話とか絵本とか、また教えてね♪

秋田は故郷の隣県でーす☆
もう何年も、冬の東北には帰ってないなー。
帰りたい…、って、すっかり「望郷じょんから」に影響されてる。。
めちゃくちゃ単細胞です…。(^^;
ふぁぼったツイート
Instagram
複数枚参照は【こちら】
リンク
カテゴリ
ミニブログ(仮) 最新5件
長く愛用していましたが、重くて更新がままならず、現在放置しています。。
※ミニブログ本体は【こちら】
プロフィール

Birdy

Author:Birdy


イヌが好きだけど、飼えません。(泣)

  1. _