| *All archives* | 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
私事ですが、
今週の火曜日で、12週連続の新ネタ仕事を終えました。
(厳密には、まだ残り3回ほどあるのですが、
あとはもう、さほど頑張らなくてよいので。。)

他の仕事でも何本か新ネタをやったので、
この3ヶ月は、けっこう頑張りました!
 
…で、なぜわざわざ
頑張った頑張ったと自らアピールしているかというと(^^;
それは、今日の買い物を、決して贅沢ではなく、
頑張った自分へのご褒美なのだ!と、正当化したいからです(^^;;

…買っちゃいました!
julie4_01.jpg

1972年9月発売、ジュリーの3枚目のオリジナルアルバム
「JULIE IV 今僕は倖せです」。
なぜ3枚目なのに「ジュリー4」なの?と思ったんですが、
「ジュリー3」はライブアルバムでした(^^;

裏はこんな感じ。。
julie4_02.jpg
手書き文字はご本人の自筆らしいです。

たくさん出ているCDの中で、なぜこれを選んだかというと、、
julie4_03.jpg
「制作 企画 構成 作詞 作曲 歌唱」をすべてジュリーが
なさっている、とのことなので。。

ジャケットも手書き、歌詞カードもすべて手書き。
遊び心満載です。
julie4_04.jpg
「ジュリー」じゃなくて「ジョリー」って書いてあります。
間違えたわけじゃなく、わざとみたいです(^^)
(歌詞カードの冊子にも、「ジョリー」とあったので。)

中はこんな感じ。
julie4_05.jpg
アナログ盤をイメージしたデザインです。
写真には写りませんでしたが、黒の部分には
レコードの溝のようなプリントが施されています。

まだ買ったばかりなので、10回も聴いていませんが、
すごくイイです!
華やかできらびやかなジュリーはここにはおらず、
仲間たちとワイワイ楽しみながら音楽をやってる、といった風情です。
アルバムタイトルどおり、本当にしあわせそうです。
聴いていると、そのしあわせが伝染してきます。

演奏も素敵で。。
やー、いいアルバムだなー。
40年前(!)の作品とは思えません。全然古くないです。
ただ、声は若いです。

3曲目の「不良時代」。
【これ】は90年代半ばの歌唱+映像ですが。。
(こちらもイイ声だなー。ピンクの髪も似合うなー。)


映画「太陽を盗んだ男」が死ぬほど好きなので、
マイ・ジュリーブームはしばしば訪れるのですが、
今回はいつもよりちょっと重症です(^^;
CD買ったの、初めてです。

今回のマイブームのきっかけは、←のミニブログに既に書きましたが、
ジュリーの「F.A.P.P」(A.P.Pは「アトミック・パワー・プラント」)
という歌を知ったことです。

初めて聴いた時、
理解できない部分が何ヵ所かあるな、という印象を持ちました。
歌詞が今ひとつ、こなれていないような。。
たとえば「収束してない福島」というところ。
曲にのせると、字余りっぽい、というか、
「収束」っという言葉が詩に溶け込んでいない、というか。。

でも、何度か聴いているうちに、ちょっと考えが変わりました。
「収束」の語が、どうしても使いたかったんじゃないかな?と。
昨年末、N田首相は、驚くべきことに、
ばかげた「収束宣言」を出したけれど、
もしかしたら、そのことへの異議申し立てとして、この歌ではあえて
「収束」の語を残したんじゃないか、と。
(※勿論、私の勝手な推測です。)

また、ネット上を眺めていると、
彼が「死の街は死なない」「死の街が愛しい」といった具合に
「死の街」というフレーズを使っていることへの批判も見かけました。
応援歌なら、そんな言葉は使うな、と。

でも、これも去年この言葉を発して(ほかにもいろいろあって)
辞任するはめに陥った某経産大臣の発言を踏まえ、
批判覚悟でわざと使っているんだろうな、という気がします。

某大臣の「死の街」発言はずいぶん非難されもしましたが、
「事実なのだから、はっきりそう言ってもらった方がいい」という
地元の方のご意見も結構聞かれることを、
当時、ニュース記事で読みました。
要するに、ここでこの語をあえて使ったのは、
言葉狩りへのひそやかなプロテストではないかと。

なぜなら彼は、
「苦しみはいつも複雑すぎるよ 当然」
「悲しみはひとりひとりで違うよ 当然」
とも歌っていて。
つまり、複雑で個別ばらばらの、
だからこそひとつひとつが存在意義のある、
ひとびとの思いを、
むりやり束ねようとする同調圧力や、
権力側の思惑に、
明らかに抗議しようとしているのだから。

「人はなぜ繰り返すのか あやまち 当然」という
歌詞もあります。
この繰り返される「当然」の語は、
明らかに「東電」と置き換え可能であるわけで。。

その他、長崎・広島と福島を、なぜ歌詞の中で並べるのだ、
という批判も、ネット上で見かけました。
しかし、原発は「核の平和利用」であり、核兵器とは異なるものだと
思いこまされてきた(だまされてきた)ことこそが
そもそも問題なのではないでしょうか?

つい先日、原子力基本法が改定され、
「我が国の安全保障に資する」との目的を記した文言が
追加されたと報道されました。
これは審議当日にいきなり黙って追加されていたフレーズらしく、
議員たちすら気づかないうちに、こっそりと
法案は通されてしまった、ということでした。

もちろん、法に明記されていなかっただけで、以前から
「原発を持つこと=安全保障のため(=核を持つこと)」だと、
政治家も官僚も考えており、事実、ちょいちょい
「安全保障のために原発は必要だ」と発言する人がいましたよね。

辺見庸さんは昨年3月末のTV番組の中で、
「原子力発電」とはおっしゃらず、
代わりに、「核というものを用いる発電」という言い方を
されていました。
核、すなわち、兵器。
ならば、長崎・広島の悲劇と福島の悲劇とを並べて、
何が悪いのだろう?
いや、全国に散らばる50基の原発立地の地名をすべて
そこに併記したっていいはずです。
真実なのだから。

…などと考えていると、
「F.A.P.P」を初めて聴いた時の違和感はいつのまにか消え、
いろんなことが、ストンと腑に落ちる気がしました。



なお、この曲を私は最初、某動画サイトで視聴しました。
しかし先日国会で、私的違法ダウンロードを刑罰化する法案が
通りましたね。
現時点では具体的にその法律がどのような形で運用されるのか
わかりませんが、動画サイトが規制の対象から免れることはないような
気がします。

意識的にダウンロードしようとせずとも、
視聴するだけで一時的にPC内には動画がダウンロードされて
しばらくはキャッシュとして残っているんだと思います。
ということは、視聴も刑罰の対象ということなのでしょうか?

しかし、動画サイトの視聴を禁じたところで、
CDや有料コンテンツの売れゆきが爆発的にアップするようになるとは
あまり思えず。。
自分も中学や高校の頃、音楽はひたすらラジオでエアチェックでした。
レコードやCDは、年に1枚買う程度。だってお金ないですから。

今は、気に入ったものは買います。
でも、その入り口は動画サイトであることが多いです。
今回もさんざんそこで、歌うジュリーに触れて、
CD買いました。
実は、今回の買い物とは別に、CD1枚とDVDも注文してます(^^;
しかも、他にも買ってしまいそうです(^^;;

門戸を狭めても、それは結局、国民全体の文化度を下げることにしか
繋がらない気がします。
もちろん、アーティストの権利を守ることも非常に重要だと思いますが、
違った形でアーティストに利益が還元されていくような仕組みを作ることの方が
先決ではないでしょうか。
(※すべて個人的な意見です。)

そして、また
アーティストを取り巻く制作者サイドには、ぜひ
「お金を出して買いたくなる」商品を世に送り出してほしい、と
希望します。
そう、例えば、リリースされてから40年以上経っても、
買って手許に置いておきたくなる作品。
所有し、時折取り出して触れることが、
うれしくてたまらなくなる作品。
手にした者にしあわせをお裾分けしてくれる、
そんな素敵な、宝物みたいな作品を。

支持の意思を表現したいとき、私は金銭を供出します。
(ビンボーなので、ちょっとしか出せませんが。。)
でも、支持しないものに対しては、どんなに興味をそそられようと、
びた一文出したくない。出さない。

「物を買う」という行為は、
単に金銭と引き替えに欲望を充足させる、ということだけを
意味しているわけではなく、
私たちの「意思表示」の手段でもあるのだから。





思えばこの映画も、1979年の作品。33年前!

太陽を盗んだ男 [DVD]太陽を盗んだ男 [DVD]

沢田研二、菅原文太 他


これ↓も貼っとこ(^^)
JULIEIV 今僕は倖せですJULIEIV 今僕は倖せです

沢田研二


3月8日の雲3月8日の雲
(2012/03/11)

沢田研二

※「F.A.P.P」ほか、
 全4曲入り



【追記】
最近ゲット↓

(クリックで拡大されます。)




Secret
(非公開コメント受付中)

Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
Birdyさん、お仕事お疲れ様ですv-22v-532

おお~、じゅりぃ^^
うちにも1枚アルバムがあって、よく聴いてた時がありましたv-51i-194
全部口ずさめるような良い曲ばっかだったけど、特に「サムライ」って曲が好きでした^^

企画・構成 等 全て自分で(!) すごいですね^^
特に綺麗な字というわけではないけど(失礼)手書きって、味が出てていいですね♪

Birdyさんオススメの曲も聴いてみたいけど、なぜか今スピーカーから音が出なくて聴けないのでi-230
今度聴けたら聴いてみますね♪

視聴も罰になっちゃうことは、ないのかもしれないですけど、、
もしそうなったら、個人的には、困るなぁ^^;
こういう、「これいいよ♪」とかの繋がりがさぁ~少しはアップに役立つのじゃないかなと思ったりもするのだけれどなぁ~(独り言)

動画サイトが確実に入り口になってる人は、たくさんいるでしょうね(.’v’.)
実際私も、コブクロの後どっぷりはまった彼らは、動画サイトが発端でしたからi-229

後半のBirdyさんの意見には、激しく同意です^^

Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
ローズちゃんv-254

わぁ、元気だったかな?(^^)

ジュリーのアルバム、あるんだね!
お母さまのかしら。。
「サムライ」、、、
「片手にピストル~、心に花束~v-26v-300」だね!!
うんうん、あれはカッコイイ!
それにしても、私が小学生の頃の曲で、
今、ローズちゃんとその話ができるのって
不思議な感じ(^^)

Wikipediaによると、ジュリーのオリジナルアルバムって
49枚もあるんだけど(^^;
そのうち、すべての曲をジュリーが作ってるのって、
今回買ったアルバムだけらしいんだー。

手書き、そうそう、味があるよね!
(「味」って便利な言葉~ ^m^)
歌詞カードも可愛くて、なんか全然、
40年前のアルバムとは思えない感じ。
作ったのは、20代半ばの男の子なんだもんね。
音楽好きの子が、楽しく作品づくりをしている雰囲気って、
いつの時代も変わらないなーって思ったぉ。

おぉー、スピーカー、
鳴らないといろいろ不便だよね。。。
早く直るとよいね。。

> 「これいいよ♪」とかの繋がり

そうだよねー。
今、人はそうやって人と繋がっているわけで、
それを禁じちゃうことは、人と人との繋がりを
分断することにもなるんだし!
その繋がりによって、各自の中に内面が育まれることを
阻害することにもなるんだし!

この法律が適用されると、
同じネット動画を外国人と日本人で一緒に見ている時、
外国人は無罪で日本人だけ刑罰を科される、という
奇妙な事態になる、って言ってる人がいました。
確かに~。

この法案が通った背景には、
勿論、音楽業界からの要請もあるんだろうけど、
それ以外に、国民の口封じをしたい、というような
こともあるんじゃないかな、って思ったり。
政治家が失言したりすると、
それがネット上にアップされて、
ものすごい再生回数になってたりするから、
政権に都合が悪い動画が多くの人々の目に触れないよう
国民を脅しておく、というような。。。

あー、ほんと、イヤな世の中だなー。
私たちが意思表示できる機会って、そんなに多くはないけど、
できるときにはきっちりと意思表示したいよねー。
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
鶏ちゃんが
あの人と
重なって仕方ない…
















樹木 希林
( ̄m ̄)ぷ
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
けんさん☆

機会があったらむしろ積極的に
樹木さんの「ジュリィィィ~!!!(はぁと)」を
やったろうかしら~(^m^)

カラオケ用にジュリーの振付を覚えたいのだが、
顔のアップの動画が多すぎて(^^;
イマイチ全身の動きがよくわからん。。。

DVDも買ってみたんだが、
やっぱり顔ドアップがすこぶる多し。
顔が美しいのは良いのだが。。

けんさんはカラオケで
ジュリーやらないの?(^^)
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
じゅり~~~~~~~


オケりません(爆)




昭和か( ̄m ̄)ぷ
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
えーっ、ジュリーやらないのかぁぁぁ。

もー、がっつり昭和を育ってきたくせにさー(^v^)

でも前に、「望郷じょんから」は
やるって言ってたよね(^m^)
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
Birdyちゃん、こんばんは〜♪

休みの度に、スカイツリー&ソラマチな日々を送っていて…
ジュリィィ〜♪にお邪魔するのが遅れました〜!

>【これ】から飛んで、ピンクヘアーに、書きまつげなジューリーを
見て、聴いてきました。
いい声なんですよね。ジュリー☆
甘いマスクに、歌を愛する本物の歌手なんだね☆(今更ですが^^;)

私は、高校時代オンリーで、熱いジュリーファンでしたんです^^♪
ジュリーも確か、野球少年だったはず^^

当時ローリングストーンズや、ビートルズのコピーもしていて
洋楽の入り口でもありました。
「Yesterday」や「And I love her」を聴いてビートルズってすごいな♪
って、思ったものでした。

某所では、若かりしジュリーばかり見てきました^^v
「風は知らない」は名曲、好きだったな〜

「君をのせて」もええ曲だ。これ、ソロ第一弾なんですね。

映画『世界は僕らを待っている』見に行きましたとも!
某所にサントラがありました。
あまりの懐かしさに… do-usimasyo…jiyo-tai ^^;
DVDも発売されてるんですね。

今度カラオケの機会があれば「銀河のロマンス」いってみよう〜^^
かな…  いらないね^^;;

ソロになってからは、ほとんど注目もしていなかったけど…
ずっと歌を愛して、仲間も愛して
歌手・沢田研二を、真っすぐに貫いてきたんですね。
VIVA!! ジュリーだわ!

映画もそんなにいっぱいあるんですね。
魅力いっぱいのジュリーに、はまってるBirdyちゃん☆
溢れる愛をありがとう〜♪♪
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
コブ姉☆

> スカイツリー&ソラマチな日々

グレイトです! 今度お話聞かせていただけるの
楽しみです(^^)

グフフ、私たち、オトコの好み、合いますよね~(^m^)
黒ちゃんでしょ、マー君でしょ、そしてジュリー。。
今年は塩谷瞬くんの功績(^^;で、二股がトレンドなので
しばらくジュリーと黒ちゃんの二股で行こうと思います☆

> ピンクヘアーに、書きまつげ

チャーミングですよねー。
同じ日の別の動画で
「今年は年男」「もうすぐ50かぁ」って言ってましたけど
むちゃくちゃ似合ってますよね(^^)
あまりにも素敵なので、このピンクの髪のライブDVD、
買っちゃいました。

ジュリーの自伝インタビュー本を、
図書館で借りてきてもらって読んでるんですが
中学の野球部時代の写真が載ってました。
とっても爽やかです☆
あと、小学1・2年の頃の写真で、
坊ちゃん刈りの子供なのに、
早くも顔はしっかりジュリーの顔になっていて
びっくりしました。

洋楽がルーツってことも、最近知りました。
いやー、深い。。
あんなに華やかなのに、元々は
内気で物静かな人だというのにも驚きました。
物事に対する考え方やこだわりにも
すごく共感してしまいました。
歌に芝居に映画にドラマに、
たくさんのすごい仕事もされてるわけで
広いし深いし、どんどん知りたくなります。

> 若かりしジュリー

ものすごく美しいですよね。。
某所で「ジュリーとショーケン」っていう動画を
見たんですが、こわいくらいきれいでした。

あと、それよりもっと前の、
昭和43年の映像だったかな、シー・シー・シーを
歌ってる姿がむっちゃ可愛らしくてびっくりでした。
ザ・タイガースの映画も、そのうちぜひ見たいです!
「銀河のロマンス」、ぜひ歌ってください☆
私もまたカラオケで何か練習して来ようっと(^^)

実は、もう10年以上前のことなんですが、
ジュリーのコンサートチケットが当たる、という企画に
応募して、なんと当選したのに、
当日、すごい咳と熱のせいで行けなかった、という
苦い思い出があるんです。
あの時、行けていれば、、、と
今回ハマってみて、尚更くやしいですぅ(><)
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
こんにちは~♪


ジュリ~~v-238v-238と「樹木希林さん」の「どつき漫才」の
お邪魔をしていいのか迷っていたら梅雨が明けました^^;;
こちらは間違いなくカラ梅雨でからりとした晴天が多かった
凌ぎやすい梅雨でした。
九州は未だに雨の被害が続いているとのこと
自然のこととはいえ、あまりな長雨・豪雨です。
一日も早く梅雨明けして復旧作業ができますように、願います。


うふふ、来週こちらでジュリーのコンサートがあるんですよv-10
Birdyさんの「ジュリ~~v-238」熱が伝染したようで
「行きたいv-238
「いやいやいや、あれもこれもそれも・・・銭がないv-12
毎日、迷っている気持ちだけは乙女なおばちゃんしていますv-10
で、あっさりと「SOLD OUT」になればあきらめもつくのですが
見るたびに「一般発売中」の文字が手招きしております^m^;;


コブさんも↑タイガースの映画を観られたんですね。
私も全部みましたよ、、、もうジャニーズばりのアイドル全開の映画でしたよね。
「世界が僕らを待っている」では
演技の間にタイガースの歌が流れて衣装も次々と変わって・・・
「星の王子さま」風な真っ白い衣装もあの時代ならではこそで、
いかにもな円盤の登場には子どもながらあっけにとられたし
そうそう、映画のなかの星の王子様は三遊亭圓楽さんでした^^;

「君をのせて」も好きでしたし「コバルトの季節のなかで」(だったかな^^;)は
ジュリーの曲のなかで5本の指に入っています。
もし、カラオケをご一緒する機会がありましたら
ぜひ、ぜひ、Birdyさんとコブさんの「銀河のロマンス」聴かせてくださいね^^v-238

あの当時の音楽番組は時々グループサウンズのいろんなグループが
ビートルズなどの歌を原語(今だとカバー・ソングですよね)で歌ってくれたんです。
ジュリーは「Yesterday」をよく歌っていたような。
トッポは「Holiday」(ビージーズ)を透き通った高音を響かせながら歌ってました。
まったく違った声質のふたりが同じグループにいること
今、思えばとても贅沢ですね。

そういえばソロになってからドラマで三億円強盗の犯人役をしたことがあるような
演出は久世光彦さんだったかな、一徳さんもチンピラ役(^^;)で出ていたかな
ショーケンともしばらくグループを組んで歌っていたし・・・

なんだか次々と以前のジュリーのことが思い出されます
昨日の夜ごはんに何を食べたか怪しいときもあるのに・・・ ̄∀ ̄ゞ;;;


動画サイト、、、
一年まえにBirdyさんがここで教えてくださった
あの素晴らしいギタリストの音色に惚れこんで、即、ポチッとCD購入したんです。
(あの曲、いつか凸凹コンビにカバーしてほしい、ギターと歌だけで❤)
いろんな場所からそこへたどりつける「ひとつの道」って考えてほしいなぁ。
いくら規制したって、また新しい視聴サイトはできるのにね。。^^;

Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
HALさん☆

いつの間にか九州と東北以外は
梅雨明けしてたんですね。
全然気づいていませんでした。
最近、気象が本当に激しいですよね…。
早く皆さんが元気を取り戻せますように。。

このタイミングで来週コンサートがあるんですね!
それは迷いますよねー(^m^)
千葉は6/30だったんです。。
もうちょっと遅かったら、私ほぼ確実に
行ったと思います(^^;
8月の渋公はもう完売しているようなので、
もし行けるとしたら、10月かしら。。。

7/11と7/14のライブの感想をネット上で読んだんですが、
今すごく調子がイイみたいですよ!
(しかも、ちょっとスリムになってきている、
とのことでした。^^;)

HALさんも、タイガースの映画を
ご覧になってるんですね! うらやましいですぅ。
私はあらすじやら感想やらを読んだだけです。
すごく可愛らしいのだろうなー(#^^#)
ほんと、いつか絶対に見たいです!

…しかし、王子様役が円楽さんというのは
知りませんでした(^^;;
いや、でも、若き日の円楽さんも見たいかも!(^^;

「コバルトの季節の中で」はジュリー自身も
好きな曲に挙げてるみたいですね。
作曲がジュリーご本人ですし、今ググってみたら、
作詞は久世光彦さんなんですね。
優しくて爽やかで、素敵な曲。。。
カラオケをご一緒する機会がありましたら、
ぜひこれをお願いします☆

それにしても私は、ジュリーが曲を作ること、
最近まで知りませんでした。。
ヒット曲の中で私は「ストリッパー」が結構好きだったんですが
これもジュリーの作曲だということを、
つい先日知りました。

トッポさんって、再結成の時の「色つきの女でいてくれよ」で
メインボーカルをされてたかたですよね。
あの透明感のある声から、サビでコーラスに入って
ジュリー1人のところがちょっとだけあって
またコーラス、っていう形、かっこよくて、よく覚えてます。

音楽番組、今よりずっと中身が濃かったのでしょうね。
いいなぁ。ジュリーの「Yesterday」聴いてみたいなー。
この間ドラマで聴いた「Let it be」もすごく素敵だったので。。

ジュリーが三億円事件の犯人役をしたドラマ、
「悪魔のようなあいつ」を、私、今まさしく
レンタルDVDで見てます!
まだ第2話までしか見てないのですが、、、
既に、お子さまには見せられない感じの激しさですが(^^;
これから更に激しくなるかと思うとドキドキです。
久世さん演出で、脚本は「太陽を盗んだ男」の長谷川和彦さん、
おふたりともジュリー大好きですね。
サリー出演のシーンも楽しみです。
きっとドラマはこれが初出演ですよね。

ショーケンと一緒のグループって、PYGっていうのですよね。
これも最近知りました。
「自由に歩いて愛して」なんて、カッコイイですよね!
題もカッコイイですし。

そういえば、HALさんがおっしゃってた、
明治チョコレートのキャンペーンの景品って、
薄いレコードのようなもの(ソノシート)でしょうか?
それっぽいものを見つけたので、
先日、衝動買いしてしまいました(^^)
(上の記事↑の最後に、写真を追加で載せてみました。
サリー、長身でオトナっぽくてカッコイイです。^^)
しかし、うちにはアナログプレーヤーがないので、
実家に持ち帰らないと聴けませんが。。(^^;


動画サイト、文化庁はこの間、
視聴だけでは刑罰に当たらない、という見解を示しましたが、
検察や警察や裁判所の見解と一致するとは限らない、と
言われているみたいです。
既に存在する技術を抑制するのではなく、
それを利用した上でビジネスに結びつけるような知恵を
出していくべきなんじゃないかと思うのですが。。

TAIJIさんが亡くなって、早くも1年。。
私もあれから、彼の演奏をもっと聴きたくて、
CDを数枚、本も数冊ポチりました。

> いつか凸凹コンビにカバーしてほしい

わぁ、すごいゴージャス!
あのギター、相当難しいらしいですが。。
コビ様、ファイト!(^^)
あと、歌詞が何となく
「日本人が作った(ちょっと無理のある)英作文」
って感じもするので、
黒様もファイト、です!(^^;
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
こんにちは~♪


そうそうそう!!!それですv-10v-10
あと、メンバーそれぞれのものがあったような・・・
好きなメンバーのものを申し込むのだけれど
あはっっv-239かなりばらつきがあったようで^^;;
サリーの名前の由来はビートルズの「のっぽのサリー」からだったんです。
ドラムのピーとは中学校からの親友でやはり凸凹コンビだったようですよ^^
ピーはタイガースが解散してからはいっさい芸能界とは縁をきって
もちろんメンバーともいっさい連絡をとらずに
大学へいき国語の漢文の先生になられたんです。
阿川佐和子さんは高校時代に「瞳せんせい」に教わったようです。
去年にタイガースが再結成されてピーが参加したようですが
一徳さんが小野田官房長役を降板してまでいろいろと奔走したようで
昔からのファンのかたにとってはホントに嬉しい出来事だったと思います^^

トッポはジュリーと人気を2分していたんですよ。
「花の首飾り」「廃墟の鳩」は彼がメインで歌っていますし
「花の~」は陽水さんもカバーされていますね。
とても歌が上手なかたでジュリーとはまた違う魅力を持っていたのですが
突然に仕事をすっぽかす、という形で脱退したのは
やはりジュリーを中心にグループが回っていくということに
疑問を持っていたからではないかと言われていました。
そのことに関してはショーケンもPYGを解散すとるきに
「すべては沢田を中心に回っていく」というような言葉を残しています。
それだけの魅力と多くの人を惹きつけるオーラを
ジュリーはそのころから持っていて、
それは生まれながらのもの、天性なんだろうな、と思います。
PYGは活動時期は短かったけれど
井上堯之さん大野克夫さんもいらして(もちろんサリーもv-10
歌も演奏もカッコ良いバンドでした^^


「色つきの女」でいてくれよ、、、化粧品のCMソングですね。
たしかあの時も一時的に再結成されたのかな(ピーはいませんでした)
この歌も私は好きです^^「10年ロマンス」と両A面で
タイガースのときから、より素敵になったメンバーにおめめはv-10v-10

久世さんとも親交があるんですよね、
その縁からあの「ジュリー~~~v-238」が誕生したんじゃないかしら^m^
「悪魔のようなあいつ」は第1回めから「おおおぉ~~」でしたv-12
病弱な妹さんがいて、そのあたりからあの犯行へといくのかな・・・
サリーは一回目に、どたばたと人を追いかけてゆくチンピラ役ででていたかも、です。
たぶん俳優としての初めてのドラマで、ホントにチョイ役だったんです。
今ではいろんな賞をいただいている存在感のある俳優さんになられましたもの。


もう、もう次から次へと・・・
とりとめのないおばちゃん話、ごめんなさい^^ゞ;;

ぜひぜひ、
実家へ帰られたらソノシートを聴きながら
「時をかけるBirdyさん」をしてくださいね^^v-238
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
HALさん☆

わぁ、いろいろ教えてくださって
ありがとうございます(#^^#)
今、タイガースにすごく興味があるので
とてもうれしいです!(^^)

なるべく時の流れに沿って知っていきたくて、
ジュリーの60歳の時の東京ドームライブを
まだ見ないよう封印していたんですが、
1曲だけ、すごく気になる曲があって、
最近聴いてしまいました。
サリーとジュリーが作詞をされ、
タローさんが作曲された「Long Good-by」、
長いこと離れていたピーさんへの思いが
言葉、声、旋律、表情、いたるところに
溢れているように思われて、
泣きそうになりました。
タローさんも同じ歌を歌われて、
たぶんご本人が某所にアップしてくださっているんですが
そちらもまたすごく素敵で。。。

私のようによく知らない者にはとても想像できないし
安易に想像したりしてはいけない
本当にいろんなことがあったんでしょうね。。
対談番組で「元々タイガースはステージ上で
みんな横並びで演奏していたのに、
デビューしてから、ジュリーだけ前、
あとのメンバーは後ろ、というふうに変えさせられた」
というようなことを話しているのを聞きました。

ショーケンとジュリーも、二人のツーショット動画を
見ていると、ほんとに仲良さそうなのですが…。
売る側のオトナたちの思惑によって
引き裂かれていったたくさんの思いがあるんでしょうね。

> 生まれながらのもの

ほんとに。。。
努力も相当にされてきたのでしょうけれど、
やっぱり持って生まれたものがあって
あの華があるんでしょうね。
内気で自分から前に出て行くタイプではないのに
気がついたら前に押し出されていて、
自分ではおいしいところだけ取っているという
負い目がある、って、
自伝インタビュー本に書かれてました。

「悪魔のようなあいつ」、
なんと、もう初回にサリーは出演してるのですね。。
気づいていませんでした。
もう1回見直して探さなきゃ!
若山富三郎さん、すごく迫力がありますね。
大楠(安田)道代さんは好きな女優さんなので、
出演シーンはちょっとドキドキ…。
藤竜也さんも若いし、ジュリーとの絡みは
BL要素満載ですね…(^^;
藤さんがジュリーの頭に触れるシーンなんて、
なんだかジュリーが、
ちょっとふてくされた子猫みたいに見えます。。
か、かわいい。。。

「十年ロマンス」は最近初めて聴いたのですが、
これも、ジュリーからトッポさんにボーカルが移って
サビのコーラスになだれこむ流れが
すごくカッコイイですね!!
「色つきの女でいてくれよ」もそうですが、
歌われてる映像も見たいなー。

もう、見たい・聞きたいもの、知りたいことだらけです。
いろいろ聞かせていただいて、ほんとにうれしいです。
ありがとうございます☆

77年にスポニチから出た聞き書き形式のジュリー本も
読み始めました。
硬派な内容で興味深いです。


明治チョコレートの景品、
あれだったんですね!
衝動買いした甲斐がありました☆
それに、メンバーそれぞれのグッズもあったとは…。
私もチョコをせっせと買ってポイントを集めちゃいそうです(^^;

タイガース時代の写真を見ると、
サリーのかっこよさもすごくわかりますし
メンバーみんな、キラキラしてますね(^^)
Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
こんばんは~♪


お久しぶりです、お元気ですか^^
どこかいっぽんネジが吹っ飛んだような暑さが続いています。
いつものごとく長くなりそうなので
前の文章のコメント欄にお邪魔させてくださいね^^;

「ときめきに死す」の文章を読んだのはお盆前でした。
丸山健二さん、に「おぉ~!!」となり
お盆休み中にゆっくりとコメントを、と思っていました。
が、、
息子たちが帰省して、どんちゃんどんちゃんと呑んで話して
男三人とおかま犬一匹、なんの役にも立たず
麦酒片手におさんどんおばちゃんをしていたら
私のお盆休みが終わりました^^;;
それからは暑さをやめない太平洋高気圧相手に
身体が半分白旗をあげながらの毎日でした。
Birdyさんも帰省されていたんですね、お父さまはお元気でしょうか^^


丸山健二さん、好きな作家です。
最年少で芥川賞を受賞した記録はつい最近まで破られていないのでは。。
最近は丸山健二さんの小説よりはエッセイなどを読んでいます。
この間まで図書館から借りていたのは「人生なんてくそくらえ」^^;;
なかなか、すっぱりと「周囲」を切り捨てています。
最近はツイッターもされていて人気があるようです。
以前は小説も読んでいたのですが、
たぶん私の頭が追いつかなくなってきたのかもしれません
とても、体力を使うんです、丸山健二さんの小説は・・・
一文字一文字にいっさいの無駄がない文章は
時には読み手がその作品に共感することさえ拒んでいるようにも思えます。


「ときめきに死す」は読んだことはありませんが
私がよく丸山さんの作品を読んでいたころは
小説のなかに犬や夜釣りの話はかなりの割合で登場していました。
たぶん、ご本人も犬を飼っていたことがあるんじゃないかしら。
夜釣りも一時期夢中になっていたことがあって
その題材でのやエッセイもあります。
若いころはオフロードバイクに凝っていて日本全国や海外へも
オフロードバイクを乗りながら旅行されていたし
今は白い花を中心とした庭造りをされているのかな
その庭の写真に文章を添えた写真集も何冊かだされていますが
しっかりと「丸山健二節」(と、書いたらご本人に怒られそうですが^^;)です。


話が明々後日にそれてしまいました・・
Birdyさん、「あっぱれ~~♪♪」と拍手しています。
素晴らしい勢いの「ジュリーLOVE」です^m^v
で、もちろんYuzuくんコレクションもありますよね、そうそうジュベさまコレクションも・・・
いつか、「Birdyさんのお宅拝見」したいです^^
ぼちぼちと今シーズンの氷の世界の競技会も始まります。
あちらもこちらも「素敵な男たち」がいっぱいですもの♫♫


9月9日は行かれないんですね。
暑い熱い万博公園へ人波にのまれてきます。
コブさんや、お逢いしたいかたたちはいるのですが
未だに自分がどの場所なのかもわからないので
偶然のかみさまにまかせようかと思います。
Birdyさんもよろしかったら私のごつい肩に止まりにきてくださいな。
一緒に男前なふたりに応援の追い風を贈りましょう^^

Re: ジュリィィ、 ほか、いろいろ。
HALさん☆

こんにちは! 毎日暑いですねー(^^;
それでもまぁ、一昨年に比べればマシかなー、と。。
日中は暑いですけど、空の雲は、
だいぶ秋の雲に変わってきた気がしますし、
関東は昨日今日と、夜はだいぶ涼しい気がします。
このままスムーズに、過ごしやすい季節へと
移行してくれるとありがたいですが、、、
残暑が居座らないことを祈るばかりです(^^;;

丸山さん、お好きでいらっしゃったんですね!
私は今回が初読でしたが、とても良かったです。
映画がこの良さを掬いとれていないのは、
小説の解釈ができていないのか、
さもなくば、労力や経費の節減のためなのか、と
思ってしまいました。

小説ではほとんどが、主人公(杉浦直樹さんが
演じた〈私〉)の内面描写でした。
内面って、たぶん映像にしにくいですよね…。
それで映画では、単純なキャラに変えちゃったのかな、、と。

森田監督はこの小説の映画化にあまり乗り気じゃなかったけれど
スターであるジュリーのじきじきのご指名ということで
感激して、この仕事を引き受けた、というようなことを
どこかで読みました。
脚本を書き監督をした人の、作品自体へのこうした態度も
この映画がイマイチである原因なのかな…。

> なかなか、すっぱりと「周囲」を切り捨てています。

おぉっ。原作の〈私〉も、そんな感じのキャラです!
そして、その境地に至るまでの周囲とのいざこざ、屈折との
ギャップが、キャラの奥行きを生んでいる気がします。

テロリストの青年も、原作ではすごく深いんです。
でも映画ではちょっと幼くて、キャラが平板で…。
(映画の予告編でも「大人になりそこねた男」というような
紹介がされていて、「違う!!!」と思ってしまいました ^^;)

> 小説のなかに犬や夜釣りの話はかなりの割合で登場していました。

おぉ! そうでしたか!
教えて下さってありがとうございます!!
「ときめきに死す」の原作でも、
犬と夜釣りは、すごく大事なものだと思ったんですが、
なるほど! やっぱり丸山さんは、これらにこだわりを
お持ちなんですね。

映画で動物を使うのはたいへんだから
むく犬を人間の女性に変えちゃったのかな、とか、
夜釣りのシーンは、真っ暗な中の撮影がたいへんだから、
昼間の釣りに変えちゃったのかな、とか、
いろいろと邪推をしてしまいました(^^;

小説の映画化って、うまくいっている作品は
あんまり多くない気がします。
行定勲とかは才能があるなぁ、うまいなぁ、と思いますが、
大抵の人は、原作を劣化させたものしか作れていないな、と
思ってしまいます。。。
そもそも映画化されるほどの小説は、すぐれたものが多いのだから、
それを更に超えるセンスがないならば、
安易に原作をアレンジなどしないでほしいなぁ、、、

そして、この映画、不満なのは、
ジュリーの魅力をあまり表現できていないところでした。
ジュリーは素敵で、原作も素敵なのに、何故?と
思ってしまいます(ーー;

Wikipedia等によると、この小説の映画化の権利は
内田裕也さんが持っていらっしゃったそうなのですが、
親しいジュリーに懇願されて譲った、とのこと。
ということは、ジュリーはこの原作に相当の
思い入れがあった、ということなのかな、と推察するわけですが、
森田監督は、ジュリーのその熱意に十分に応えた、とは
言えないんじゃないか、と…。

そういえばこの映画、サリーも、原作にないチョイ役ではありますが
出演されてます!^^
(はっきりとはわからない描き方なのですが、
ジュリー演ずる青年に殺されてしまったようにも見える役です。^^;)
サリーとジュリーはずっと、本当に仲良しなんですね☆
先日の渋谷でのコンサートの客席にも、サリーはいらっしゃったようです。
(最近、岸部さんを見るたび
「岸部一徳さん」ではなく、「あ、サリーだ」と思うようになってしまいました ^^;)


その後もマイ・ジュリーブームは熱烈継続中!です(^^;
頑張っていろいろ収集していますが、
さすが40年を超えるキャリアをお持ちのジュリー、
汲めども汲めども尽きぬ泉、といった風情です。

帰省したとき、例のソノシート、聴いてきました!(^^)
A面は「あなたにささやくジュリー」というタイトルなんですが、
(各メンバーごとのバージョンがあるようです)
こんな感じの流れでした。
---
「こんばんは、ジュリーですよぉ」という挨拶とともに
部屋に訪ねてきたジュリーが
(リアルでは絶対に自分のことを
「ジュリー」とは言ってなかっただろうなー^^;)
「わぁ、可愛いお部屋だねー」と
おべんちゃら(^^;を言う
  ↓
自分の部屋の説明を始める
(大きなステレオやトロフィーや盾、ベッドや机や本があって、等)
  ↓
訪問先の女子の部屋にあったとおぼしき詩集に目を留め
「あれ、キミも詩が好きなの?」
「ボクも詩が好き」
「高村光太郎の詩を暗唱できる」と発言
  ↓
「ボクも詩を作るんだよ」と言い出し、
「えー恥ずかしいなー、でもキミだけに特別に聴かせてあげるね」と
恩を着せる(^^;
  ↓
「涙」という歌(私が最初に買った「今僕は倖せです」という
アルバムに入っていました)の歌詞を朗読し、
「どうだった? やっぱりすごく恥ずかしいな」と照れる
  ↓
ひとりぼっちが好きだ、
ステレオを聴きながらいろんなことを考えたり、詩を書いたり、
さびしくない、楽しい、と発言
  ↓
唐突に「キミはどんな色が好き?」と質問し、
「ボクはピンクが好き! 甘くてうれしい色だから」と
可愛いことを言う
(ココロの汚れた中年の私は「ピンクが好き」と聞いた瞬間、
「アイドルがピンク好きとか、やばくね?」と思ってしまいました。。
ジュリー、ごめんなさい。。)
  ↓
再び「この部屋、可愛いね、素敵だね」とおべんちゃら
  ↓
「今度ボクの部屋に招待しようかな」と自ら言いだしておきながら
「やめようかな、どうしようかな」と、女子のハートをもてあそび(^^;
「考えておくね」と締めくくる
  ↓
もうこんな時間だから帰るね、といったようなことを言って
「おやすみ」と去っていく
---

…しかし、アイドルジュリーが訪れたのが私の部屋だったら
開口一番、「わぁぁぁ、汚い部屋だねー(><)」と言われそうです(^^;
本棚には詩集もありますけど、キモチ良く自作の詩を朗読してくれる
気分には、なってくれないだろうなー(^^;;

> いつか、「Birdyさんのお宅拝見」したいです^^

きっと絶句されますよぉ(^^;
ゆづ・ジュベに加え、黒もコビも、まさしもTAIJIもあります。。
棚という棚はすべて天井に達するほどモノが詰め込まれていて、
地震が来てもビクともしません(^^;
(去年の震災では、いろんなものが床に落ちましたが、
棚の類は中身がギュウギュウだったため、すべて無事でした。^^;;)

B面は「お部屋でおしゃべりタイガース」という題で、
タイガースのメンバーが雑談している一部を切り取った、という
体裁でした。
しかし、声だけを聞いても、ジュリー以外は
まだ私には、誰が誰なのかわからず(^^;

こちらは、
---
*(各バンドの)ファン同士が対抗意識を持っているのはイヤだ。
 バンド同士は仲がいいのだから、ファンも仲良くしてほしい
*でも、一緒に楽しんでくれるのは、やりやすい
*しかし、ローリングストーンズの曲をやっている時や、
 静かな曲をやっている時、
 「Holiday」を歌っている時(これはきっとトッポさんの発言ですね)
 には静かにしてほしい
そのあと、
「いとしのデラ」という歌と「チョコレートは明治~♪」の美しいコーラス
---
といった流れでした。


実家の父は相変わらず元気すぎるほど元気で、
オリンピックのために買い換えたという大きなテレビを
自慢しておりました(^^;
しかし、高校野球などは、熱心に見ているかと思いきや、
すぐに居眠りをしており、
あまりテレビを十分に活用しているとは思えず(^^;
母は以前から、地デジのデータ連動の機能を使いこなして
いろいろ調べたりしていましたが、
父は依然として、それすらも全くやる気配もなく(^^;;


9/9、私の思いも連れて行ってくださるとのこと、
ありがとうございます(^^)
過ごしやすい気候だとよいですね☆
HALさんが元気に行ってこられますよう、
そして素晴らしい日になりますよう、お祈りしてますね。
最近の記事プルダウン
いろいろ
チェックしたツイート
ミニブログ(仮) 最新5件
※ミニブログ本体は【こちら】
Instagram
ミニブログ↑は残念なことに写真がとても貼り付けにくいので、今後、写真はこちらに…
リンク
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

Birdy

Author:Birdy


イヌが好きだけど、飼えません。(泣)

  1. _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。